格安SIMの活用法

  • TOP
  • 格安SIMの活用法
  • 格安SIMの容量節約術

格安SIMの容量節約術

格安SIMは契約する通信容量プランによって料金が大きく異なります。
通信容量が低いプランであればあるほど料金が安くなり、経済的負担を抑えられますが、
すぐに上限に達して、低速ネットしか使えなくなるという問題があるので悩みどころです。
しかし、少し工夫するだけで通信容量を節約でき、
低容量プランでも不自由なく格安SIMを利用できます。

■Wi-Fiを最大限活用しよう
動画のストリーミング再生やアプリのダウンロードは、大量の通信容量を消費するため、
なにも考えずに格安SIMを利用した場合、低容量プランだとあっという間に上限に達します。
とはいっても容量を気にしながらスマホを利用するのはストレスが溜まりますよね?
「低容量プランでも動画を視聴したり、たくさんアプリをダウンロードしたい!」
という場合にぜひ活用していただきたいのがWi-Fiです。
Wi-Fiでネットを行えば端末でネット接続をしなくても済むので、
通信容量を大幅に節約できます。
最近では駅やデパート、飲食店、美容室など様々な場所で無料Wi-Fiが利用できますし、
Wi-Fi環境が整っている職場も珍しくありません。

■自宅にWi-Fi環境を構築するには?
自宅でWi-Fiを利用したいけどやり方が分からないという人もいるかもしれないので、
簡単に説明したいと思います。
光回線でネットをしている人は、無線LANルーター(無線LANカード)を用意してください。
後は暗号化キーをスマホに入力すれば、Wi-Fiでネットが使えます。
自宅だけではなくて、外出先でも常にWi-Fiを利用したい場合は、
モバイルWi-Fiルーターを購入しましょう。
モバイルWi-Fiルーターがあるとエリア内ならどこにいてもWi-Fiが使えます。
WiMAXやワイモバイルなど様々なモバイルWi-Fiルーターがあるので、
料金や速度を比較して、気に入ったところと契約してください。

■速度切り替えで容量を節約
限られた格安SIMでしかできない方法ですが、
速度を切り替えて容量を節約するのもいいでしょう。
格安SIMの中には自由に速度を変更できるものがあり、
通信速度を必要としないサービスなら低速、必要とするサービスなら高速といったように
上手く使い分けることで、容量をコントロールできます。
たとえば、LINEや簡単なゲーム程度なら低速で十分でしょう。
高速通信が必要なのはアプリのダウンロードやOSアップデート、動画の視聴などです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「格安SIMの活用法」の他の記事へのリンク:

2台持ちでスマホ代を節約しよう子供用に格安SIMは最適| 格安SIMの容量節約術| 通話料の高さは通話アプリで克服格安SIMでテザリング

メニュー

ページの先頭へ戻る