覚えておきたい専門用語・知識

  • TOP
  • 覚えておきたい専門用語・知識
  • SIMロック

SIMロック

「SIMロックの端末は格安SIMに移行できない」といわれていますが、
「そもそもSIMロックってなに?」という人もいるでしょう。
SIMがロックされているか、解除されているかは、
格安SIMに移行する際に非常に重要になるので、
どういった状態を指すのか正しく理解しておきましょう。

■SIMロックとは?
SIMロックとは、SIMカードに機能制限がかかっていて、
他社のスマホでは利用できない状態をいいます。
たとえば、SIMがロックされているとdocomoで買ったスマホに
auのSIMカードを入れても利用できませんし、
softbankで買ったスマホにdocomoのSIMカードを入れても利用できません。
海外ではSIMフリーが一般的ですが、
日本ではずっとこのSIMロックが導入されていましたが、
2015年5月からSIMフリーが義務化され、
海外のように好きなキャリアと端末を自由に選べるようになりました。
ただし、SIMロックが解除されていても端末が対応していないと利用できません。

■SIMフリーが義務化されて変わったこと
SIMフリーが義務化されたことで、様々な変化が起こりました。
今まではキャリアでスマホを買うとそのキャリアとしか契約できませんでしたが、
SIMフリーが義務化されたことにより、別の携帯電話会社と契約できるようになりました。
このおかげで、格安SIM市場が活性化され、スマホを安く利用できるようになったのです。
さらに海外に行った際、今までは現地で端末を借りたり、購入しないといけませんでしたが、
その必要がなくなり、現地でSIMカードを調達すれば
日本で使っていたスマホをそのまま利用できるようになりました。

■各キャリアごとのSIMロック解除方法

・docomoの場合
docomoの場合、購入してから6ヶ月が経過している端末ならSIMロックの解除が可能です。
(ただし、一定の条件を満たしていると6ヶ月経過していなくても解除可能)
手続きはネット、電話、ドコモショップで行うことができ、
SIMロック解除にかかる費用は無料の場合と3000円の場合があり、
どちらに該当するのかはdocomoのホームページで確認できます。
docomo系のMVNOがほとんどなので、docomoの端末であれば、
わざわざSIMロックを解除しなくても大抵は利用可能です。

・auの場合
2015年5月以降に登場した機種で、購入日から180日以上経過している場合、
SIMロックの解除ができます。
しかし、MVNOに乗り換えた際の動作は保証されていませんので、
なにかあっても全て自己責任です。
さらにauの端末の場合、
対応している格安SIMがdocomoよりも少ないという問題があります。
手続きはネットまたはauショップで行えます。
ネットだと無料ですが、auショップで行う場合はSIMロック解除手数料3000円がかかります。

・softbankの場合
softbankも端末を購入してから6ヶ月経過していればSIMロックを解除できますが、
残念ながらsoftbank回線を利用した格安SIMは今のところないので、
格安SIMを利用したい場合は、必ずSIMロックを解除しないといけません。
手続きは店舗とネットで行うことができ、ネットだと無料ですが、
店舗で手続きをする場合は3240円の手数料がかかります。

■iPhoneもSIMロック解除可能
以前まではsoftbankのみがiPhoneを取り扱っていましたが、
今はdocomoとauでも購入できます。
iPhoneも基本的に購入してから6ヶ月以上経過していればSIMロックを解除可能です。
最初からSIMフリーのiPhoneを欲しい場合は、
Appleで売っているので検討してみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「覚えておきたい専門用語・知識」の他の記事へのリンク:

格安SIMMVNOMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)SIMフリー| SIMロック| 白ロム、黒ロム、赤ロムAPN

メニュー

ページの先頭へ戻る