覚えておきたい専門用語・知識

  • TOP
  • 覚えておきたい専門用語・知識
  • SIMフリー

SIMフリー

格安SIMに移行する際に覚えておきたいのが「SIMフリー」という言葉です。
2つとも格安SIMと非常に深く関係しているので、
どういった意味なのか理解しておく必要があります。

■SIMフリーとは?
SIMフリーとは、SIMの制限が解除されている状態をいいます。
以前まではSIMに制限がかかっていて、
docomoと契約しているならdocomoの端末しか使用できませんでしたが、
2015年5月からSIMフリーが義務化され、
端末とキャリアを自由に選べるようになりました。
海外ではSIMフリーが一般的でしたが、
日本では通信規格などの違いなど色々な問題があって、
義務化されるまで時間がかかってしまいました。

・SIMフリー端末でできること

1.自由にキャリアと端末を選べる
2.格安SIMに乗り換えて月々の料金を安くできる
3.海外に行った際、現地のSIMカードを入れるとそのままスマホが使える
4.中古の端末を購入して、好きなキャリアと契約できる

SIMフリーの端末を使うとこうしたことができます。
中でも大きいのはやはり格安SIMに乗り換えて料金を節約できることでしょう。
上手くいくと毎月5000円以上安くできる可能性があるので、
毎月の料金に不満を抱えている人は検討してみてください。
ただし、SIMフリー端末ならどの格安SIMでも使えるというわけではなく、
利用できるものは決まっています。

■格安SIMに移行する際は端末が対応しているか確認しよう
SIMフリーの端末でも契約する格安SIMが対応していないと
移行することができません。
これはキャリアによって通信方式や周波数帯が異なるためです。
なにも考えずに端末を購入したり、格安SIMを契約すると
「スマホが使えない!」なんて事態を引き起こすので注意してください。

■何系のMVNOなのかチェック!
MVNOはdocomo回線を利用しているdocomo系と
au回線を利用しているau系の2つに分けられます。
docomoの端末で格安SIMを使いたい場合はdocomo系のMVNO、
auの端末で格安SIMを使いたい場合はau系のMVNOを選ばないといけません。
auの端末でdocomo系のMVNO、docomoの端末でau系のMVNOは利用できないので
注意しましょう。
ただし、mineo(マイネオ)というMVNOは例外です。
MVNOはdocomo回線・au回線の両方を扱っているマルチキャリア対応のMVNOなので、
docomoの端末でもauの端末でも利用できます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「覚えておきたい専門用語・知識」の他の記事へのリンク:

格安SIMMVNOMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)| SIMフリー| SIMロック白ロム、黒ロム、赤ロムAPN

メニュー

ページの先頭へ戻る