覚えておきたい専門用語・知識

  • TOP
  • 覚えておきたい専門用語・知識
  • 格安SIM

格安SIM

「そもそも格安SIMってなに?」「格安SIMにするとどうして安くなるの?」
と疑問に感じている人はいませんか?
どんなものなのか知らずに利用するのはとても危険なので、
ここで格安SIMについて学んでから乗り換えてください。

■SIMは「Subscriber Identity Module」の略称
まず、SIMとは「Subscriber Identity Module」の略称で、
契約者が誰なのかを明らかにするためのものです。
スマホに入れる小さなカードを見たことがあると思いますが、それをSIMカードといいます。
SIMカードはサイズによって「標準SIM」「マイクロSIM」「ナノSIM」の3種類に分けられ、
カードの大きさにより利用できる端末が異なります。
対応していれば、他の端末でもそのSIMカードを使えます。

■格安SIMとはなんのこと?特徴って?
いよいよ本題に入りますが、格安SIMとは低料金でMVNO(仮想移動体通信事業者)
が提供しているSIMカードのことをいいます。
docomoやau、softbankといった大手キャリアのSIMと比較すると非常に料金が安く、
それでいて操作性もほとんど変わりません。
操作性が変わらないのであれば安い方がいいですよね?
ただし、docomoの端末はdocomo系のMVNO、auの端末はau系のMVNOでしか
格安SIMを利用できません。

■格安SIMが安い理由
どうして格安SIMが安いのか、その理由は大きく分けて3つあります。

・データ通信量の制限
格安SIMは1GBや3GBなどといった低容量プランを提供しています。
容量を使い切ってしまうと速度が遅くなりますが、
その分容量の少ないプランは低料金で契約できます。
こうしたプランを設けたことで、安くサービスを提供できているのです。

・通信設備にコストをかけていない
大手キャリアは自社の回線でサービスを提供しているため、
通信設備に莫大な投資をしています。
一方、格安SIMを提供しているMVNOは、大手キャリアの回線を借りて運営しているので、
通信設備にコストをかけていません。
さらにネット販売が主流なので、キャリアと比べると運営を楽に行うことができます。

・激しい料金競争
格安SIMの需要が高まっているため、様々な業者がこの業界に参入してきており、
料金競争が激しくなっています。
これからもMVNOは増えていくと予想されるので、ますます料金が下がるかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「覚えておきたい専門用語・知識」の他の記事へのリンク:

| 格安SIM| MVNOMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)SIMフリーSIMロック白ロム、黒ロム、赤ロムAPN

メニュー

ページの先頭へ戻る