覚えておきたい専門用語・知識

  • TOP
  • 覚えておきたい専門用語・知識
  • 白ロム、黒ロム、赤ロム

白ロム、黒ロム、赤ロム

中古の端末を使って格安SIMを利用したい場合に知っておきたいのが
「白ロム」や「黒ロム」、「赤ロム」といった言葉です。
それぞれどういった状態を指すのか知っておくと
中古スマホを購入する時に便利だと思います。

■白ロムとは?
ガラケーの場合は、ロム(メモリ領域)になにも記録されていない状態、
スマホの場合は、SIMカードが抜いてある状態を指します。
SIMカードが入っていないと基本的に利用できませんが、
Wi-Fiを使うとネットは使用可能です。
中古スマホの販売店に行くと白ロムの端末が売っています。

■黒ロムとは?
ガラケーの場合は、ロムに契約情報が記録されている状態、
スマホの場合はSIMカードが入っている状態を指します。

■赤ロムとは?
赤ロムとは端末の使用がロックされている状態を指します。
ロック理由は「端末を分割で買って支払いがまだ残っている」
「端末代の滞納」「盗難」「窃盗」「詐欺」などです。
端末を紛失した場合も赤ロムになることがあります。
赤ロムの端末に格安SIMを入れてもネットも電話も利用することはできませんし、
一度なったものは解除できず、ずっと赤ロムのままです。
しかし、Wi-Fiを使うとネットは利用できます。

■中古スマホを購入する際は赤ロムに注意!
中古スマホを購入する場合、赤ロムには手を出さないでください。
堂々と赤ロムを白ロムと販売しているショップはないと思いますが、
オークションだと珍しくありません。
また、その時は問題なくても、前に使っていたユーザーが支払いを滞納して
赤ロムになることがあります。
オークションで個人から購入するのはリスクが大きいので、
中古スマホを入手したい場合は信頼できるショップで買われた方がいいでしょう。
格安SIMが注目され始めてから、中古スマホの需要も高まっているので、
オークションによるトラブルが多発しています。
赤ロム保証のあるショップだと買った端末が赤ロムになっても
なにかしらの方法で対処してくれます。

■赤ロムかどうかは確認できる
赤ロムかどうか確認したい場合、キャリアのネットワーク制限機確認サイトで
製造番号を入力すると確認できます。
たとえば、docomoのサイトだと問題がない端末なら「○」、
今後赤ロムになる可能性がある端末は「△」、赤ロムの端末は「×」と表示されます。
割賦契約で買って支払いが残っている場合も「△」になります。
オークションで「残債なし」として出品されているのに「○」以外が表示された場合は、
怪しいと思ってください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「覚えておきたい専門用語・知識」の他の記事へのリンク:

格安SIMMVNOMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)SIMフリーSIMロック| 白ロム、黒ロム、赤ロム| APN

メニュー

ページの先頭へ戻る