覚えておきたい専門用語・知識

  • TOP
  • 覚えておきたい専門用語・知識
  • APN

APN

APNとは「Access Point Name」の略で、スマホやタブレットをネットに接続する際に
必ずこの設定が必要となります。
インターネットを自宅で使われている人であれば分かると思いますが、
最初にプロバイダ設定を行いますよね?
それと同じだと考えてください。

■APN設定をしないと格安SIMを使えない
格安SIMを端末に差し込んでもすぐに使えるわけではありません。
APN設定をきちんと行わないとインターネットを利用できないので、
忘れずに行ってください。
キャリアでスマホを購入した場合は、最初から設定されているので、
自分で行う必要はないですが、格安SIMを利用する場合は
基本的に自分で設定をしないといけません。
ただし、利用するスマホと通信事業者の組み合わせ次第では、
自動的に設定をしてくれることもあります。

■Androidの設定方法
Android端末でAPN設定をする場合、
「設定」→「その他」→「バイルネットワーク」→「アクセスポイント名」
の順にタップしてください。
アクセスポイント名は自由に決められますが、分かりやすいものがいいでしょう。
それから「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」などを入力しますが、
事業者によって入力する項目は多少違います。

■iPhoneの設定方法
iPhoneの場合は、
「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「モバイルデータ通信ネットワーク」
の順にタップします。
後はAndroidの設定方法と同じく、必要な情報を入力するだけです。
また、iPhoneだとMVNOが配布している設定ファイル「構成プロファイル」
をダウンロードして、APN情報を設定することもできます。
この方法が最も簡単ですが、ダウンロードするにはネット接続が必要になるので、
Wi-Fi環境が整っている場所などで構成プロファイルを入手しておきましょう。

■APN設定はそれほど難しくない
APN設定は面倒で難しいと思っている人もいますが、
いざやってみるとそこまで難しくありません。
入力する項目は少ないのでスマホを普段から触っている人なら簡単に行えるでしょう。
ただ、注意したいのが入力間違いです。
設定が上手くいかない場合、入力情報が間違っているケースがほとんどなので、
1文字1文字確認しながら行ってください。
どうしても設定をしたくない人は、端末と格安SIMをセットで購入しましょう。
セット販売のものはMVNO側で設定を行ってくれるので、自分でする必要がありません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「覚えておきたい専門用語・知識」の他の記事へのリンク:

格安SIMMVNOMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)SIMフリーSIMロック白ロム、黒ロム、赤ロム| APN|

メニュー

ページの先頭へ戻る