格安SIMが向いている人

  • TOP
  • 格安SIMが向いている人
  • サブケータイを持ちたい人

サブケータイを持ちたい人

「サブケータイとしてもう1台持ちたい」と考えている人に格安SIMは向いています。
上手く使い分けることで、1台持ちの時よりも毎月の費用を安くすることだってできるかもしれません。

・ガラケーとスマホの使い分け方
サブケータイとして格安SIMを利用する場合、きちんと使い分けないと損をします。
必ず通話はガラケー(フィーチャーフォン)、ネットやメールはスマホといったような使い方してください。
すると毎月5000円以下でガラケーとスマホの2台を利用できるはずです。

・ガラケーと格安スマホの2台持ちは珍しくない
「わざわざ2台も持つ必要があるの?」と感じる人もいるでしょうが、格安SIMが登場してから増えてきました。
なぜなら2台持ちすることで双方のデメリットを補えるからです。
たとえば、ガラケーだと高速通信ができないので、ネット検索に時間がかかりますし、動画だってさくさく楽しむことができません。
格安SIMの場合、ネットには強いですが、電話料金が高い・通話の品質が悪いといった問題があります。
この問題を2台持つことで解決でき、さらに毎月の費用も抑えられるので、格安スマホをサブケータイとして利用するのは利にかなっています。

・2台持ちはこんな人におすすめ
みなさん色々な理由で2台持っていますが、やはり「仕事とプライベートの携帯を分けたい」「子供に安いスマホを持たせたい」「毎月の料金を安くしたい」といった理由で持つ人が多いです。
また、ガラケーと格安スマホの2台持ちという人が多いですが、キャリアのスマホと格安スマホという組み合わせの人も少なくありません。

・格安スマホをサブケータイとして利用する際の注意点
ガラケーの他にサブケータイとして格安スマホを利用する場合、契約するプランに注意してください。
データ通信専用プランと音声通話対応プランの2つがありますが、サブケータイとして利用する際は前者を選択しましょう。
ここでデータ通信専用プランを選択しないと無駄にお金を払うことになり、お得感が失われます。
ガラケーは通話のみに特化したプラン、格安スマホはデータ通信のみのプランにしてください。

・2台持ち(サブケータイ)のデメリット
2台持ちをすると料金が安くなったり、仕事とプライベートを分けられるといったメリットがある一方で、デメリットもあるので覚えておきましょう。
サブケータイを持つことで、携帯電話を紛失するリスクが高くなります。
1台だけでもすぐになくしてしまう・・・なんて人は持たない方がいいかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る