格安SIMが向いている人

  • TOP
  • 格安SIMが向いている人
  • データ通信量が少ない人

データ通信量が少ない人

ネット検索やコミュニケーションアプリくらいにしかスマホを利用していない人は、格安スマホに乗り換えた方がお得です。
その程度のデータ通信量だと高額なパケ放題プランに加入している必要がありません。
格安スマホの低容量プランなら驚くほど安い料金で利用できます。

・自分に合ったプランを選べるのが格安スマホのメリット
格安スマホには様々なデータ通信量プランがあり、その中から自分に合ったものを選ぶことができます。
毎月のデータ通信料が少ない人だと1000円以下の1GBや2GBくらいでも十分でしょう。
これに通話機能をつけたとしても2000円以下で収まるので、大手キャリアのスマホを利用するよりも格段に安いです。

・データ通信量が多い人でも安くなる可能性大
格安スマホに乗り換えて得をするのは、毎月のデータ通信量が少ない人だけではありません。
場合によってはデータ通信量が多い人だって安くなる可能性があります。
たとえば、電話をかけるのにいつも無料通話アプリを利用している人です。
最近ではスマホの通話機能を使用せず、無料通話アプリを使って電話をかける人が増えています。
恐らく、みなさんも通話料金を節約するためにこうした方法で電話をしているのではないでしょうか。
ほとんど無料通話アプリで電話をかけているのであれば、通話機能がなくてもそれほど問題はないですよね?
格安スマホでも大容量プランを選ぶとそれなりの料金になりますが、通話機能を外してしまえば、キャリアのスマホを利用するよりも安くなるでしょう。

・Wi-Fiを利用することで回線制限のリスクを下げられる
安い低容量プランには回線制限のリスクがあります。
回線制限とは、契約した容量まで使ってしまうと高速通信ができなくなるというものです。
これが心配で低容量プランにできない人もいるでしょう。
ただ、Wi-Fiを利用することで回線制限のリスクを下げられます。
「Wi-Fiが利用できる場所ではすべてWi-Fiでネットに接続する」これを意識するだけでも端末のデータ通信量を大幅に抑えることができます。
モバイルWi-Fiルーターを利用している人ならどこにいてもWi-Fiでネットに接続できるので、一番安いプランでも全く問題ありません。

・選べるデータ通信量のプランは格安SIMによって異なる
どの格安SIMも選べるデータ通信量のプランは一緒というわけではありません。
各MVNOによって提供しているプランが異なります。
そのため、本当に自分に合ったプランを見つけるためには、様々なMVNOをチェックしてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る