格安SIMのQandA

  • TOP
  • 格安SIMのQandA
  • SMSが使えない?

SMSが使えない?

格安SIMでもSMSの利用は可能です。
ただし、SMSを利用したい場合は、ただのデータ通信専用プランではなく、
SMS対応のプラン、もしくは音声通話対応プランを選択する必要があります。
少し料金はアップしますが、SMSが必要な人は対応プランにしましょう。

■そもそもSMSってなに?
SMSとは電話番号でメッセージを送るショートメールサービスのことです。
通常のメールよりも入力できる文字数が少ないですが、
相手のメールアドレスを知らない場合や端末キャリアが相手と違う場合でも
メッセージを送ることができます。
キャリアメールよりも手軽にやり取りができるのがSMSの特徴だと考えてください。
最近ではコミュニケーションアプリが普及したため、
SMSを利用する機会はほとんどないでしょう。
しかし、利用できないと困ることもあるので、格安SIMを契約する際は、
本当に不要なのかきちんと考えてから決断するべきです。

■格安スマホにSMSをつけるメリット
格安スマホにSMS機能をつけるメリットは、大きく分けて3つあるので、
1つ1つ詳しく説明していきます。

・認証機能に使える
アプリの中には本人であることを証明するのに登録認証が必要なものがあります。
たとえば、みなさんもご存知のLINEがこれに該当します。
SMS機能で登録認証するアプリだとSMSが利用できないと使うことができません。
SMSで登録認証を行うアプリを利用したい場合は、SMS対応の格安SIMにしてください。
ちなみにLINEは、SMSではなくてもFacebookで認証することも可能です。
ただし、SMS認証をしないとLINE電話やID検索ができません。

・フリーメールのトラブルを防げる
格安SIMに乗り換えるとキャリアメールが利用できなくなるので、
代わりにGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを使う機会が増えるでしょう。
無料で利用できる便利なメールサービスですが、フリーメールはPCメールに該当するため、
相手が迷惑メール対策としてPCメールを受信拒否している場合、
相手に送ることができません。
そこで便利なのがSMSです。
SMSであれば相手が迷惑メール対策をしていても送ることができます。

・バッテリー消費を抑えることができる
SMS機能を付帯していない格安SIMの場合、通常よりもバッテリーの消費が早いです。
SMSがないと電波状態が圏外と認識され、端末が必死に電波を探し続けるので、
余分なバッテリーを使ってしまいます。
この現象を「セルフスタンバイ問題」と呼びます。
バッテリーの消費を抑えたいのであればSMS機能をつけるべきです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る