格安SIMのメリット

  • TOP
  • 格安SIMのメリット
  • 料金体系がシンプルで分かりやすい

料金体系がシンプルで分かりやすい

大手キャリアでスマホを契約する際、料金プランが複雑で
よく分からなかったという人は多いと思います。
たしかにdocomoやau、softbankの料金プランは非常に難しくて分かりづらいです。
オプションや割引サービスがたくさんあり、説明を受けても
「一体毎月いくら払えばいいの?」と疑問に感じる人がほとんどではないでしょうか。
そのため、大抵の人は毎月のスマホ代を把握せずに使っています。

一方、格安SIMの場合は料金体系がシンプルで分かりやすいです。
割引サービスもほとんどなく、「このプランならこのくらい」と明確になっており、
毎月のスマホ代をきちんと把握しながら使うことができます。
これなら他社に乗り換えたいと思った時でも簡単に月額料金を見直せますよね?

格安SIMの料金プランを選ぶ場合、まずは「データ専用SIMプラン」と
「音声通話SIMプラン」のどちらかにするか決めます。
最近では「SMS対応SIMプラン」を提供する業者も増えているので、
3つのうちから1つ選ぶと思ってください。
090や080の携帯電話番号が必要ない人はデータ専用SIMプラン、
携帯電話番号が必要な人は音声通話SIMプラン、
ショートメールを使いたい人はSMS対応SIMプランがいいでしょう。
料金はデータ専用SIMプラン→SMS対応SIMプラン→音声通話SIMプランの順に
高くなります。

それからデータプランと呼ばれる上限データ通信量を選択します。
容量が大きければ大きいほど速度制限がかかりにくく、料金が高くなります。
たくさん動画を視聴したり、音楽をダウンロードする人は
容量の大きいプランを選ばれた方がいいでしょう。
逆にネット検索程度しか使わない人は容量が少なくても問題ありません。
データプランは基本的に月単位ですが、日単位のところもあり、
OCN モバイルoneは月単位と日単位の両方を採用しています。
毎日頻繁にスマホを利用するなら月単位ではなく、
日単位の料金プランのある格安SIMがいいかもしれません。

たとえば、安さに定評のあるDMM mobileで
データ専用SIMプラン+ライトプランを選択した場合、月額料金はたった440円です。
音声通話SIMプラン+ライトプランにしても月額1140円しかかかりません。
他の業者だとこれより多少高くなりますが、
それでもキャリアのスマホを使うよりずっと安く利用できます。
「料金システムがシンプルで、それでいて月額料金が安い」これが格安SIMの魅力です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「 格安SIMのメリット」の他の記事へのリンク:

月額料金が安い2年縛りがない| 料金体系がシンプルで分かりやすい| 利用できる端末が多いその他のメリット

メニュー

ページの先頭へ戻る