格安SIMのメリット

  • TOP
  • 格安SIMのメリット
  • 月額料金が安い

月額料金が安い

格安SIMのメリットはなんといっても月額料金の安さです。
docomoやau、softbankといった大手キャリアでスマホを契約すると
月額料金は最低でも6,000円以上、場合によっては10,000円以上かかります。
この月額料金の高さがネックになり、
いまだにガラケーを使っている人やガラケーに戻す人も少なくありません。
しかし、格安スマホを利用すると一気に月額料金を安くできます。

契約する業者やプラン内容によっても異なりますが、格安SIMを利用した場合、
月額料金は2,000円程度になります。
それでいてだいたい同レベルの内容です。
内容が同じなのに高いお金を払うのはもったいないですよね?
特に電話をほとんど使わない人であれば、大幅に携帯代を抑えることができます。

たとえば、現在スマホに毎月10,000円支払っている人が、
月額2,000円の格安SIMに乗り換えた場合、月々8,000円安く利用できます。
年間で計算すると8,000円×12ヶ月で、96,000円の節約になるのです。
1年間で10万円近く安くできれば、2年で20万円、
3年で30万円も節約できるという計算になります。
浮いたお金を貯蓄に回してもいいですし、海外旅行の旅費に使うことだってできます。

格安SIMは大きく「データ専用SIM」と「音声通話SIM」の2種類に分けられます。
データ専用SIMはデータ通信に特化しているため、
携帯電話番号(090や080から始まる電話番号)を使った通話はできませんが、
月額料金がとても安いです。
月額500円前後から使える格安SIMもあるので、電話をほとんどかけない人に向いています。

音声通話SIMの場合、月額料金はアップしますが、携帯電話番号を使った通話ができます。
月額料金が上がるといっても先ほどお話したデータ専用SIMに
数百円から1,000円ほどプラスした程度なので、
大手キャリアのスマホを利用するよりもずっと安いです。
ただし、通話の品質やサービス、通話料などは大手キャリアの方が勝っています。

このように月額基本料金だけを考えるとデータ専用SIMを使うにしろ、
音声通話SIMを使うにしろお得になると思ってください。
「とにかく毎月の携帯代を安くしたい!」という人は、
早めに格安SIMに乗り換えた方がいいです。
しかし、料金だけにこだわって格安SIMを選んでしまうと後悔する可能性があるので、
しっかりと通信速度やサービス内容なども比較しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「 格安SIMのメリット」の他の記事へのリンク:

| 月額料金が安い| 2年縛りがない料金体系がシンプルで分かりやすい利用できる端末が多いその他のメリット

メニュー

ページの先頭へ戻る