格安SIMのメリット

  • TOP
  • 格安SIMのメリット
  • 2年縛りがない

2年縛りがない

大手キャリアでスマホを契約すると基本的に2年縛りがあるため、
途中で解約するのが難しいです。
仮に契約期間内に解約すると違約金や解除料として10,000円ほどのお金を請求されます。
しかも、酷いことにどの大手キャリアも自動更新を採用しているので、
契約更新月で解約や他社への乗り換えをしないとまた2年縛りが継続されてしまいます。
この2年縛りのせいで他社に乗り換えることができない人や機種変更をできない人が多いです。

ところが格安SIMには大手キャリアのような2年縛りがありません。
一定期間使えば解約金が発生しないものや、
そもそも縛り自体が全くないものも珍しくないのです。
「やめたい時にやめられる」これが大手キャリアのスマホにはない魅力です。
そのため、もし格安スマホが自分に合わなかった場合でもすぐに戻すことができます。

また、大手キャリアのスマホは、契約して2年後に月額料金がアップすることがあります。
今まで6,000円で使えていたものが8,000円になってしまうのはかなり痛いですよね?
それでいて契約更新月に解約しないとスマホも新機種に変えることができません。
古い機種を高いお金を払って使うことになるので、長く使ってもお得感がないです。
格安SIMの場合は、どんなに長く使おうと料金は変わりません。
2年後に月額料金がアップすることはなく、
逆に端末を分割にしているなら2年後に安くなります。

「最新機種を常に持っていたい」「2年使い続けるか分からない」といった人にも
格安SIMはおすすめですが、注意したい点が1つあります。
それはMNP転出手数料です。
MNPとは、番号を変えずにそのまま他社に乗り換えるサービスのことで、
その際に発生する手数料をMNP転出手数料といいます。
2年縛りはないですが、格安SIMにもMNP転出手数料はあるので、
契約する前にどのくらいかかるのか確認しておきましょう。
一般的にMNP転出手数料は2,000円から3,000円ほどかかります。

いつ解約しても違約金が発生しない格安SIMの場合、
MNP転出手数料が他社よりも高めに設定されているケースがあるので注意してください。
安易に縛りがないからといって契約すると後から痛い目を見るかもしれません。
ちなみにMNP転出手数料の場合は、2年縛りとは違い、
何年経とうが必ず料金は請求されます。
ある意味違約金よりもやっかいな存在です。
とはいってもMNP転出手数料にさえ気をつければ、
2年縛りのない格安スマホはとてもお得なのでおすすめです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「 格安SIMのメリット」の他の記事へのリンク:

月額料金が安い| 2年縛りがない| 料金体系がシンプルで分かりやすい利用できる端末が多いその他のメリット

メニュー

ページの先頭へ戻る