格安SIMの基礎知識

  • TOP
  • 格安SIMの基礎知識
  • 格安スマホと格安SIMの意味

格安スマホと格安SIMの意味

格安スマホや格安SIMという言葉を目にしたり、目にすることが増えてきましたが、
両者の違いをご存知でしょうか?
同じ意味で使っている人もいますが、この2つにはきちんと違いがあります。
言葉の意味を正しく理解して、格安スマホまたは格安SIMを購入してください。

■格安スマホと格安SIMの違い
格安スマホとは、一般的に格安SIMカードと端末がセットになったもの、
格安SIMとはSIMカード単体のものを指します。
どのMVNOも基本的にどちらかを選べるようになっているので、
自分が希望する方を選択してください。
ただし、中には格安SIMだけ販売しているところもあります。


■格安スマホの特徴

・MVNOの利用回線や対応機種を気にする必要がない
格安SIMカードのみの購入だとMVNOの利用回線や対応機種を気にしながら
選ばないといけませんが、セット販売だとその必要がありません。
「自分で色々調べたり、考えるのが面倒」「今よりも安くなれば十分」といった人は、
格安スマホが向いています。

・端末料金を分割で支払える
格安スマホの場合、キャリアで契約する時のように端末料金を分割で支払うことができます。
一括で購入するのが難しい人は、格安SIMではなく、
格安スマホを選択された方が負担感が少ないでしょう。

・APNの設定をしなくてもいい場合がある
格安SIMを利用する際、必ずAPNの設定をご自身で行わないといけません。
MVNO次第ですがセット販売だとAPNの設定をしなくてもいい場合があります。
設定ができるか不安な人や面倒だからやりたくない人は、格安スマホがおすすめです。

・端末の価格が割高
セット販売だと端末のみを購入するよりも端末の価格が割高です。
端末を安く購入したい場合は別々に用意してください。

・欲しい機種を選べない
セット販売だと利用できる機種が限られています。
欲しい機種がセット販売になっていないことがあり、
妥協して契約する人も少なくありません。


■格安SIMの特徴

・自由に端末を選べる
格安SIMの最大の特徴は自由に端末を選べることです。
機種にこだわりがあるのであれば、セット販売ではなく、単体で購入されてください。

・今使っている端末を利用できる
今持っている端末が格安SIMに対応している場合、その端末をそのまま利用できます。
わざわざ端末を用意しなくてもいいので、手間もお金もかかりません。
docomoのスマホなら大抵の格安SIMは使用可能です。

・使えない端末がある
全ての端末が格安SIMに対応しているわけではありません。
格安SIMが使用できないものもあるので、
そのことを確認した上で端末を購入する必要があります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る