格安SIMの基礎知識

  • TOP
  • 格安SIMの基礎知識
  • キャリアのSIMと格安SIMはなにが違うのか?

キャリアのSIMと格安SIMはなにが違うのか?

キャリア(docomo、au、softbank)のSIMと格安SIMの違いは分かりますか?
この違いを知らずに格安SIMに乗り換えてしまうと
後悔するかもしれないので気をつけてください。
そこでキャリアのSIMと格安SIMは違いについて説明していきます。

■格安SIMにはデータ通信専用プランがある
キャリアのSIMにも格安SIMにも料金プランが色々ありますが、
キャリアのSIMの場合はデータ通信と通話機能がセットになっています。
一方、格安SIMにはデータ通信専用プランというデータ通信のみのものと、
データ通信と通話機能がセットになった音声通話対応プランがあります。
データ通信専用プランだと通話機能がついていない分、非常に安く利用でき、
500円程度で使用することも可能です。
これがキャリアのSIMと格安SIMの大きな違いといっていいでしょう。

■格安SIMはキャリアメールが使えない
格安SIMに乗り換えるとキャリアメールが使えなくなります。
キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」
「@softbank.ne.jp」といったメールアドレスのことです。
電話番号はできてもメールアドレスは移行できないので注意しましょう。

■格安SIMはかけ放題を利用できない
キャリアのSIMだとかけ放題プランが利用できるので、
通話時間を気にせずにお喋りができます。
しかし、格安SIMに変えるとかけ放題プランが使えなくなります。
通話料金も割高になるため、電話をたくさんかける人が
格安SIMに乗り換えてしまうと損をする可能性大です。

■格安SIMには契約の縛りがない
キャリアのSIMには2年間の縛りがあり、
その期間内に解約すると解約金・違約金が発生します。
格安SIMのデータ通信専用プランには基本的には契約の縛りがないので、
いつでも解約することが可能です。
音声通話対応プランの場合は、6ヶ月や1年といった縛りが発生することがあります。

■サポートはキャリアのSIMの方が充実している
サポート体制を比べてみると格安SIMよりもキャリアのSIMの方が充実しています。
キャリアのSIMの場合、分からないことがあったらショップで相談できますし、
保証も手厚いです。
格安SIMになるとショップで相談することができないので、
問題が発生しても自分で解決するしかありません。
もし、自分で解決できない場合は、電話で問い合わせることになります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「格安SIMの基礎知識」の他の記事へのリンク:

格安SIMの種類格安SIMに乗り換える際の流れ| キャリアのSIMと格安SIMはなにが違うのか?| 格安スマホと格安SIMの意味docomoのスマホと格安SIMの相性がいい理由格安SIMが安い理由格安SIMの入手方法格安SIMの支払い方法

メニュー

ページの先頭へ戻る