各社の特徴

  • TOP
  • 各社の特徴
  • Tikimo SIM

Tikimo SIM

Tikimo SIMはインターネットプロバイダの
TikiTikiインターネットで有名な
株式会社エヌディエスが提供する格安SIMです。
プランが豊富なのと
ゆうちょやコンビニ払いができるのが特徴。
月額料金640円から利用可能

Tikimo SIMはプランが豊富で、しかもリーズナブルな料金設定になっています。
選べるプランは、0GB(バンドルクーポンなし)、1GB、3GB、5GB、7GB、10GB、
15GB、30GB、50GB。
0GBコース(バンドルクーポンなし)なら月額640円から利用可能となっており、
費用を抑えたい方に人気があります。
ただし、この場合、高速インターネットが利用できないので、
回線スピードにこだわる方にはおすすめできません。
30GBや50GBといった大容量プランにも対応しているため、
ヘビーユーザーでも安心して利用できます。

月額プラス700円で通話機能を付帯できる

Tikimo SIMは月額料金に700円プラスすると通話機能を付けることができます。
たとえば、バンドルクーポンなしに通話機能を付帯した場合、
月額料金は1340円(月額640円+700円)になります。
割込通話はプラス200円、留守番電話はプラス300円かかりますが、
転送電話、国際電話・国際SMS、国際ローミング、迷惑電話ストップは無料です。

ェアプランが他社よりもお得

1契約で複数のSIMを持てるシェアプランも提供しています。
他社よりも料金設定が割安なので、
家族で格安SIMに乗り換える場合などにおすすめです。
4GB~50GBまで選ぶことができ、月額1680円から利用できます。

ゆうちょ・コンビニで年契約一括前払いができる

格安SIMの支払いはクレジットカードによる月払いが主流です。
ただ、人によってはクレジットカードを持っておらず、
コンビニ払いなどを希望される方も少なくありません。
そんな方に人気なのがTikimo SIMの年契約一括前払いです。
年契約一括前払いというコース限定ですが、クレジットカードではなく、
ゆうちょやコンビニで支払いができます。
SMS機能、通話機能を付帯できないのが欠点ですが、
クレジットカードを持っていない方にはおすすめです。

余った容量は翌月に繰り越し可能!容量変更も自由

余ってしまった容量は翌月に繰り越すことができます。
3GBで契約していて、2GBしか使わなかった場合、1GBが繰り越されるので、
翌月の容量は4GBになります。
また、使用量を見ながら自由に容量を変更できるのもTikimo SIMの魅力です。
容量を増やしたり、減らしたりできるので、
本当に自分に合ったプランでスマホを持てます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る