各社の特徴

  • TOP
  • 各社の特徴
  • QTmobile

QTmobile

QTmobileは、九州電力グループ「BBIQ」
が提供する格安SIMサービスです。
以前はBBIQスマホという名称でしたが、
2017年3月からQTmobileに変更になりました。
docomo回線とau回線に対応しているマルチキャリアMVNO

QTmobileは、docomo回線とau回線に対応した
マルチキャリアMVNOとして知られています。
au回線に対応した格安SIMが少ないため、auユーザーの乗り換えが目立ちます。
もちろん、iPhoneもそのまま乗り換えることができます。
月額料金はdocomo回線のDタイプでもau回線のAタイプでも変わりません。

料金はキャリアよりは安いがMVNOの中では多少高め

12ヵ月間の月額料金割引キャンペーンが適用されている間は、
リーズナブルな料金で利用できますが、
13ヵ月目以降(通常料金)の料金はそれほど安くありません。
たとえば、データ+通話SIMの10GBを選択した場合、
割引が適用されている間は2690円ですが、
割引期間が終わると3260円になります。
この3260円という料金は、MVNOの中では多少割高です。
そのため、料金の安さだけを求める方には不向きといえます。

QTmobileの5分かけ放題サービス

QTmobileは、5分以内の通話なら無料で何度でもかけられる
「5分かけ放題サービス」を提供しています。
スマホ、ケータイ、固定電話どこにかけても無料で、電話番号もそのままです。
電話回線を利用したサービスとなっているため、
IP電話よりも品質が良く、途切れる心配がありません。
仮に5分を超えても通常より安く通話ができます。
料金は月額850円、初月は月額料金無料です。
たくさん通話をされる方は、通話料金の節約のために契約された方がいいでしょう。

データ容量は翌月に繰り越し可能。Dタイプだと速度の切り替えができる

> Dタイプ・Aタイプともにデータ容量を使い切れずに余った場合、翌月に繰り越せます。
また、Dタイプだとアプリを使って通信速度を切り替えることが可能です。
メールやツイッターの時は低速通信、動画を楽しむ時は高速通信
といったように使い分けることにより、データ容量を無駄なく使えます。

スマホとセット購入できるがau回線の端末は少ない

docomo回線(Dタイプ)、au回線(Aタイプ)ともにスマホとのセットができますが、
ラインナップに大きな差があります。
Dタイプは選べる機種が多く、安いものだと10000円台で購入できます。
一方、Aタイプの場合は選べる機種が少なく、
今のところDタイプのような格安端末は扱っていません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る