各社の特徴

  • TOP
  • 各社の特徴
  • LIBMO

LIBMO

LIBMOは、インターネットプロバイダの
TOKAIコミュニケーションズが提供している
格安SIM・格安スマホです。
2017年2月から提供開始と
まだ歴史の浅いMVNOですが、
料金の安さと取り扱い端末の豊富さで
注目を集めています。
ライトプラン(最大通信速度200Kbps)なら月額480円から利用できる

LIBMOの最大の魅力は、大手MVNOに引けを取らない料金の安さです。
最大通信速度200Kbpsのライトプランであれば月額480円からスマホを利用できます。
もちろん、その他のプランも安く、データ通信SIMの場合、
3GBプランは880円、6GBプランは1480円、10GBプランは2280円となっています。
プラス700円でデータ通信+音声通話SIMを契約できるので、
音声通話が必要な方にとってもお得です。
仮にデータ容量が余っても翌月に繰り越しされますし、
データ容量は月単位で変更ができます。

対応端末・取り扱い機種が豊富

LIBMOに対応している端末は100種類以上あり、ドコモ端末ならほとんど使用できます。
スマホとのセット購入ができ、選べる端末も豊富です。
リーズナブルなスマホから最新のスマホまで幅広く用意しているので、
これからスマホデビューする方はもちろん、
機種変更を検討している方にも向いています。

キャンペーン中に申し込みをするとセキュリティサービスが12ヶ月無料

初めてLIBMOを契約される方だとTOKAIコミュニケーションズの
セキュリティサービス「TOKAI SAFE」を12ヶ月間無料で使うことができます。
ウイルス保護、ブラウザ・バンキング保護、ネットワーク保護、Finder機能、
有害サイトブロックといった様々な機能を備えています。
通常料金は月額400円なので、4800円得をする計算になります。

通話パック30で通話料金を節約できる

音声通話機能付きSIMを選ぶと通話パック30という
オプションサービスを契約できます。
通話パック30は、月額880円で月間30分(1200円分)の通話が
無料でできるサービスです。
通話時間が多い方は、こちらのオプションサービスを利用されるといいでしょう。
ただし、データ容量のような繰り越しサービスはありません。

1枚につき月額120円でSIMカードを追加可能

家族でデータ容量を分け合いたい方や複数の端末を利用される方向けに
データシェアオプションを用意しています。
価格は1枚につき月額120円です。
データシェアは3GB、6GB、10GBから選択できます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る