各社の特徴

  • TOP
  • 各社の特徴
  • IIJmio

IIJmio

IIJmioは、IIJ(インターネットイニシアティブ)
が提供する格安SIMです。
mineoと同じくマルチキャリア対応のMVNOなので、
docomo回線とau回線の両方を選ぶことができます。
貴重なマルチキャリア対応のMVNO

格安SIMの大半はドコモ回線なので、
auユーザーだと乗り換えが難しいというのが現状です。
しかし、IIJmioの場合はdocomoとau両方の回線をレンタルしているため、
docomoユーザーでもauユーザーでも乗り換えができます。
これがIIJmioの最大の特徴だといっていいでしょう。
そのため、docomoユーザーはもちろん、auユーザーの乗り換えも多いです。

選べるプランは3種類

選べるプランは3GB(ミニマムスタートプラン)、6GB(ライトスタートプラン)、
10GB(ファミリーシェアプラン)と非常にシンプルです。
ミニマムスタートプランは月額900円から、 ライトスタートプランは月額1520円から、
ファミリーシェアプランは月額2560円から利用できます。
データ専用SIMの他に音声通話対応SIMも用意されているので、090や080発信も可能。
家族で利用したい場合におすすめなのがファミリーシェアプランです。
月々に使用できるデータ容量は10GBと多く、最大10枚まで使えます。
3人家族だと1人当たり月々3GB以上使えるので、派手に使わない限り、
間に合うと思います。

高速・低速の使い分けが可能

スマホのデータ容量を賢く使える機能が搭載されています。
高速通信と低速通信のオン・オフ機能が付いており、
必要に応じて切り替えることが可能です。
たとえば、動画を視聴する場合は高速通信、
メールや調べ物程度なら低速通信と使い分けることで、
賢くデータ容量を節約できます。
また、余ったデータ容量は翌月に繰り越しとなるので、無駄がありませんし、
足りない場合はその都度チャージして高速通信を楽しめます。
チャージはネットでもコンビニでも購入可能です。

バースト転送機能搭載

容量を使い切ると通信制限がかかり、低速通信になるため、
今まで不自由なく使えていたサービスが使いづらくなります。
IIJmioには、始めのみ高速で通信ができるバースト転送機能が搭載されているので、
制限がかかっても快適なネットを維持できます。
さすがに動画を視聴するのは難しいですが、WEB閲覧やメール、Twitter、LINE、
Facebook程度など軽めの通信であれば制限前と同じ感覚で利用可能です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る