格安SIMの体験談

  • TOP
  • 格安SIMの体験談
  • YAMADA SIM

YAMADA SIM

LTE使い放題プランに満足しています
現在、YAMADA SIMのLTE使い放題プランを利用しています。
ゲームや動画にたくさんスマホを使うので、5GBでは足りないと思って契約しました。
速度に不安はありましたが、いざ利用してみるとそれほど気になりません。
キャリアの速度に比べると遅くなりましたが、普通にゲームはできるし、
動画もなんとか見れているので不満はないです。

月額基本料金は、通話付きで3000円程度で、この他に通話料が加算されます。
だいたい毎月の請求は電話代を合わせて4500円くらいなので、
キャリア時代と比べると3500円から4000円ほど節約できています。
ここまで節約できればなにも言うことはありません。
自分みたいにデータ使用量が多いユーザーは、
LTE使い放題プランにした方がいいと思います。
店頭で格安SIMを契約したい人にも合っています。

他社さんの場合、実店舗がないので契約はネットや電話のみというケースが大半です。
一方、YAMADA SIMはヤマダ電機で契約できるので、
相談しながら格安SIMにしたい人にはすごくいいのではないでしょうか。
自分も詳しい人に相談しながら契約したかったので、YAMADA SIMにしましたし。
説明はかなり丁寧でした。
「そのくらい知ってるよ」とことまで、細かく説明してくれるので、
初めてスマホや格安SIMを持つ人でも安心して申し込みできるはずです。

回線はドコモなので、ドコモの端末を持っていれば、すぐに移行できます。
自分はもともとドコモのスマホを持っていたため、
新しく買い直す必要はありませんでした。
auの端末しかないって人は事前に準備しておきましょうね。

デメリットは、キャリアメールが使えなくなったことです。
事前に説明を受けていたので、覚悟はできていましたが、
ないとけっこう不便な時があります。
キャリアメールじゃないと登録・利用できないサービスもけっこうあるので・・・。
それと支払いはクレジットカードのみです。
今まで口座からの引き落としにしていたので、少し違和感があります。
クレジットカードを持っていない人は、契約できないので要注意。
通話サービスがないのも残念です。
定額通話や無料通話サービスがないので、
今までよりも通話時間を気にして喋っています。
極力お金をかけたくないので、できる限りLineの無料通話で喋っていますが、
みんながみんなLineに登録しているわけではないし、
仕事の時は普通に電話をかけないといけないので、
ある程度の通話代は毎月覚悟しています。

プランが充実していていいと思う。
この前、docomoからYAMADA SIMに乗り換えました。
手続きはお店に行ってやりましたが、ネットからもできます。
近くにヤマダ電機がないならネットで手続きをした方が楽です。
SIMの種類は全部で3つ。
データ通信、データ通信+SMS、デー通信+通話の3つから選べます。
通話をつけないと090番号の発信はできませんが、その代わり料金が安くなります。
サブケータイとして利用する人、電話なんて必要ない!通話アプリで十分という人は、
データ通信やデータ通信にSMSが付いたプランでも問題ないと思いますが、
通話をつけても500円程度しか変わらないので、
個人的にはつけた方がいいような気がします。
プランは、1GB、3GB、5GB、LTE使い放題、ダブルフィックスから選べます。
ダブルフィックスは、1から3Gまでの2段階定額で、
1GB以下ならいくら、1GBを超えたらいくらって感じの料金システムです。
ネットをあんまり使わないなら1GBを契約するよりもダブルフィックスのお得です。
LTE使い放題に魅力を感じましたが、最終的に契約したのは5GBです。

やはり、気になったのはスピードです。
スタッフに聞いてもLTE使い放題だとスピードが落ちるので、
速度を優先するなら5GBの方が向いていると言われました。
もともと4GB前後しか使っていなかったので、5GBで間に合っています。
5GBを超えそうなら絶対にLTE使い放題がいいです。
スピードはdocomoとほぼ同じです。
遅くなった感じはなく、快適に動画を観たり、調べものができています。
地図もすぐに表示されるので問題なし。
でも、混み合う時間帯には弱いです・・・。
かなり回線が繋がりづらくなるのが夕方から夜にかけてです。
このタイミングはできることが限られています。
動画が止まったり、地図が表示されるまで時間がかかるので、
調べもの程度しかほとんどしていません。
その時間帯以外は普通なので、混み合う時間帯さえ覚えておけば、
さほど生活に支障はないと思います。

docomoのメールアドレスが使えなくなりました。
そんなに必要性を感じていなかったので不便な印象はありませんが、
ないとちょっと寂しいものです。
メールを利用する場合は、Gmailを使っています。
ヤフーメールを最初使っていましたが、使いづらかったのでGmailに変えました。
電話は普通です。
相手の声は普通に聞こえるし、こっちの声も綺麗に聞こえているようなので
良かったです。
デメリットもいくつもありますが、それでも移行して良かったと感じています。

店舗購入できるのが強み
YAMADA SIMのメリットは、店舗購入できることだと思います。
普通、格安SIMを使おうと思ったらネットで購入しかありませんが、
YAMADA SIMの場合はヤマダ電機に行けば買うことができます。
ヤマダ電機なら全国にあるので、実際に説明を聞いてから購入できるのは
安心感があっていいですよね。
格安SIMがどういったものなのかよく分からなかったので、
自分も安心して契約できました。

プランはU-mobile版とFREETEL版の2つがあります。
自分が購入したのはU-mobile版です。
店員に勧められたので、LTE使い放題プランにしました。
データ通信と通話機能がついて月々3000円ほどです。
スピードはソフトバンク時代よりやや遅くなりましたが、
いくら使っても容量オーバーがないので、安心して使えています。
スピードが遅いといっても普通に動画を視聴したり、
オンラインゲームはできているので不便は感じていません。
毎月のデータ通信量が結構いくのならこのプランにした方が絶対にお得だと思います。

通話し放題プランはありません。
これがデメリットに感じる人もいるかも・・・。
電話を頻繁にかける人だと通話料が乗り換え前よりも
かなりかかってしまうと思うので、注意が必要です。
通話代が気になる場合は、LINEやSkypeとか通話アプリを
上手く活用した方が良さそうです。
自分も通話はそこそこするので、友達とかとしゃべる時は
通話アプリを利用するようにしています。

通話専用ケータイとしてガラケーとの2台持ちを考えましたが、
2台もあると管理が大変そうだし、使い分けるのが面倒だと思ったのでやめました。
ただ、最近ではガラケーと格安SIMのスマホを2台持ちする人も増えているようですね。
友人はそうやって携帯代を節約しています。
FREETEL版で契約するとヤマダ電機のポイントが貯まります。
自分は滅多にヤマダ電機に行かないので、今回はU-mobile版にしましたが、
ポイントを貯めたいのであればFREETEL版にするのもいいと思います。
違いを説明してもらった感じ、そこまで内容は変わらなかったですし。

電話番号を引き継ぐことはできますが、MNP手続きをしないと駄目です。
やり方は契約する際に教えてもらえますが、少し面倒でした。
一度手続きをしたことがあるならすぐにできると思いますが、
初めてだとちょっと時間がかかるかも。
よく分からなかったら、キャリアの店舗に行って説明を受ければ大丈夫でしょう。
ソフトバンクのメールが利用できなくなりましたが、まったくダメージがなかったです。

U-mobileと契約した方がいい!
この格安SIMは、まるっきりU-mobileと同じです。
だからわざわざYAMADA SIMを利用する必要はないっていうのが僕の印象。
だって本当に内容が一緒なので、それなら本家のU-mobileを使った方が良くないですか?
料金面の違いはありませんが、YAMADAにないプランやサービスがあります。
U-mobileには10分以内の通話が毎月300回無料のプランがあるし、
U-CALLを使えば国内通話が半額になります。
U-mobileと同じプランを利用できるのは助かりますが、
下位互換のSIMという感じがしてなりません。

試しに契約してみましたが、大人しくU-mobileにしておけば良かったと後悔中です。
通信スピードも悪くはないけどいいともいえないです。
正直、キャリアの時の方が速かったような気がします。
高速通信でこれなので、LTE使い放題にしなくて良かったです。
動画を観ることが多いから、速度が遅いLTEだと
もっともっと不満を感じていた可能性があります。
格安SIM全般の問題のようですが、安定感もイマイチです。
仕事が終わって、帰宅中に動画を観ながら帰ろうとすると大抵、
スピード不足で画面が止まったりします。
20時くらいになると元に戻りますが、移動時の暇つぶしができないのは痛いです。

U-mobileと直接契約した場合の大きな違いがもう一つありました。
プラン内容は一緒ですが、あくまでもYAMADAの格安SIMなので、
当然U-mobileのキャンペーンは適用されません。
これもYAMADAの格安SIMのデメリットです。
悪い点ばかり目立ってしまいましたが、ちゃんといい点もあります。

YAMADAの場合は店舗契約が可能です。
キャリアで契約する時は絶対にお店に行きますよね?
でも、格安SIMの場合だと実店舗を構えている会社が少なくて、
基本的にネットで申し込むことになります。
それに契約後、分からないことやトラブルがあっても
電話やメールでしか問い合わせできません。
一方、YAMADAだと店舗に行って詳しくサービス内容を聞いたり、
トラブルが起きた場合でもスタッフに直接聞けるので、
初心者には非常に優しい格安SIMです。
こんなメリットもありますが、やっぱりU-mobileの下位互換というイメージが強いので、
個人的にはあんまりおすすめできるSIMではありません。
お店に行って契約したい人以外は、U-mobileと直接契約した方がいいような気がします。
僕も多分、ずっと使わず、いずれ他社の格安SIMに移行すると思います。
スマホ代は安くなりましたが、
他社と比較するとメリットがそんなに多くないと感じたので。

評判通りです
家電量販店も格安SIM業界に参入してきていますよね。
有名なのはビックSIMとヤマダSIMです。
どっちか使ってみようと思って、家の近くにヤマダ電機があったので、
ヤマダSIMにしました。
申し込みはネットでもできますが、お店でも可能です。
ネット申し込みの方が楽チンだけど、
不安があるならお店に行って契約した方がいいです。

お店に行くとヤマダSIMの専用カウンターがあって、質問・相談しながら契約できます。
ただ、営業はけっこうしつこかったです(笑)
契約してからもうすぐ2ヶ月が経ちます。
評判通り、そんなにいいSIMではないと思います。
「U-mobileと契約した方がお得」という口コミをいくつか見かけましたが、
まさにその通りです。
プラン・料金はU-mobileと基本的に一緒ですが、
サービス面やキャンペーンを考えると
ヤマダSIMを契約するメリットは少ないと思います。
まず、ヤマダSIMだと通話し放題が利用できません。
U-mobileと契約すれば、10分間の制限はありますが、
通話し放題サービスが利用できます。

通話し放題は格安SIMでも当たり前になってきているので、
真似るならこちらも真似て欲しかったです。
おかげで、電話代を気にしながら喋っています。
回線に関しては、docomo系のU-mobileなので安定しています。
出張で地方に行くことが多いですが、
どこに行っても圏外になることはなく、繋がりはいいです。
速度もドコモとだいたい同じでしょう。
ドコモを使っていた時に速度を計測していないので、
ハッキリとは言えませんが、体感的には変わりません。
ほんの少し地図が表示されるまで、時間がかかるかも?
と感じるくらいで、動画サイトはサクサク観れます。

5GBで申し込みしていますが、意識してセーブしないと簡単に消費してしまいます。
動画が原因なのは分かっていますが、楽しみの1つなのでやめられません。
もっと7GBとか10GBのプランも欲しかったです。
そのくらい容量があったら通信制限を受けずに済むのに・・・。
通信制限を受けるとものすごーくスピードが落ちて、
調べものも満足にできなくなります。
地図や動画なんてもってのほかです。
LINE、メール、ツイッター程度ならできますが、
Facebookになると写真が表示されなかったりするので使いづらいです。
10点満点で評価するならヤマダSIMは6点が妥当だと思います。
完璧にU-mobileと同じサービスなら8点くらいあげてもいいですが、
気になる点が多いので、6点以上は無理。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る