格安SIMの体験談

  • TOP
  • 格安SIMの体験談
  • 楽天モバイル

楽天モバイル

●ドコモから楽天モバイルに乗り換えてみました

乗り換える前はドコモと契約していて、電話もほぼ使わないで
月々8000円は高すぎると思ったので、格安SIMへの移行を検討することに。
妻の携帯代と合わせて15000円近く払っていたので、
これをできれば10000円程度にしたかったです。
しかし、格安SIMの口コミを調べてみるとネット回線が遅いとか、キャリアメールが使えない
といったことが書いていたので、実際に乗り換えるまでに時間がかかりました。
楽天モバイルに決めた理由は、僕が楽天会員だったからというただそれだけのことです。
楽天会員だと支払いをする度に楽天スーパーポイントが貯まります。
コンビニやネットで買い物をする時に楽天スーパーポイントは便利なので、
他社よりもお得な印象を受けました。
楽天モバイルの場合、データSIMと通話SIMの2つのSIMがあり、
プランはベーシックプラン、3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプランの4通りあります。
最も安いのがデータSIMのSMSなしベーシックプランの525円です。
僕は電話も使うので、通話SIMにして、容量は5GBにしました。
これで僕と妻の携帯代が8000円から2150円まで一気に下がり、
2人合わせても5000円以内に抑えることに成功しました。
本来の目的である10000円以内は余裕でクリアです!
初回事務手数料ということで、3000円はかかりますが、すぐに元が取れます。
手続きはとても簡単でした。
インターネットから注文して、1週間以内で送られてきましたが、
申し込み時期によってはもっと時間がかかるっぽいです。
使い心地はドコモを使っていた時とほぼ同じ。
時間帯次第で回線が遅くなると口コミに書いていたので不安でしたが、
僕も妻も快適にネットが使えています。
動画もぶつぶつ途切れないし、アプリのダウンロードも前と変わらないです。
キャリアメールがなくなりましたが、
もともとLINEばかりで使っていなかった僕たちにとっては問題ありませんでした。
LINEを利用していない相手と連絡を取る時は、フリーメールを使っています。
キャリアメールがなくてもフリーメールがあれば十分。
僕たちはつけていませんが、オプションでかけ放題をつけることもできます。
といっても1回の通話で5分までという制限はあるので、
個人的にはLINEの電話の方がいいような気がします。
格安SIMにして後悔した人もいるようですが、僕たちは乗り換えて良かったと思っています。
使えなくなったサービスもありますが、
それよりも携帯代が半分以下になったので、満足しています。


●私が感じた楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天モバイルにしてから3ヶ月が経ちました。
私が感じたメリットとデメリットをお話したいと思います。
メリットは、「速度がそれなりにある」「スマホ代を節約できる」「プラン変更ができる」
「店舗で申し込める」「楽天ポイントが貯まる」「カケホーダイ(5分以内)がある」
「スピードのオン・オフができる」といったところです。
正直、速度はもっともっと遅いと思っていたので、予想以上に速くて満足しています。
格安SIMでこのくらいのスピードが出るなら問題ないです。
ただ、混みあう時間帯になると急にスピードが低下するので、
それに慣れるまで苦労するかもしれません。
お昼の12時と17時前後が混み合う時間帯ですが、回線が混むと速度が遅くなるのは、
他の格安SIMにも言えることなので、楽天モバイルだけの問題ではありません。
ネットは基本的にスマホといったヘビーユーザーならともかく、
あんまりスマホを使わないライトユーザーなら全く気にならないと思います。
料金はかなり安く設定されているから、スマホ代を大幅に節約できました。
私が利用している通話SIMの3.1GBプランの基本料金は1600円です。
通話が不要ならもっと安くなりますが、データ専用SIMだと電話番号がないし、
SMSが使えないので気をつけてください。
LINEのユーザー登録にはSMSが必要なので、利用する人は、
最低でもSMS付きのSIMにしないとダメです。
プランは契約後に変更できます。
容量が多いかも?もう少し増やしたいかも?という時でも安心です。
格安SIMはインターネット申し込みが一般的ですが、
楽天モバイルの場合は店舗でも申し込み可能。
早く使いたいならネット申し込み、
相談しながら契約したいなら店舗申し込みといった感じですね。
私は、最初に店舗に行ってどんな格安SIMなのか聞いて、
それから自宅のパソコンから申し込みをしました。
楽天ポイントが貯まるので、楽天を利用している人にとってはお得感があります。
カケホーダイをオプションで付けることができるのも楽天モバイルの魅力ですが、
時間が1回の通話5分以内と決まっています。
5分を過ぎても安く通話はできますが、
長時間の電話をする時は節約のために通話アプリを活用しています。
データ容量はスピードのオン・オフ機能を上手く使えば節約可能です。
デメリットは、「容量をオーバーするとものすごく回線が遅くなる」
「キャリアメールが使えない」といった2点。
通信制限がかかると急激に速度が落ちるので、動画を観れなくなります。
キャリアメールは最初からあってもなくても良かったので、
使えなくなっても変わらなかったです。


●端末と一緒に購入

楽天モバイルはSIMだけではなくて端末も販売しています。
ちょうど今のスマホに飽きていたので、端末と一緒に購入しました。
意外といい機種がありましたよ。
端末とセットで販売している業者は他にもありますが、どこもラインナップが少ないです。
3~4つの中から選ぶ感じで、とてもじゃないけど使いたい機種はありませんでした。
楽天モバイルの場合は10種類以上のスマホから選べます。
スペックも細かいところを気にしないならキャリアのスマホとほとんど同じです。
私が購入したのは「AQUOS mini SH-M03」という端末。
こちらを2,241円の24回払いで購入しました。
一括で買うと50000円するのでちょっと厳しかったです。
名前の通り、ミニサイズで持ちやすくて、ポケットやカバンにすんなり収まります。
それでいながら画質もいいし、防水機能、ワンセグ、おサイフケータイなどもついています。
防水機能とおサイフケータイは絶対に欲しかった機能でした。
カメラ機能もかなり良くて、手ぶれ防止が起こりづらいです。
セット販売のスマホは値段の割に性能がいまいちだといわれていますが、
私が買った機種は値段相応だと思います。
できればもっと安くしてほしかったけどね(笑)
スマホの料金は、楽天モバイルにしてから4000円ほど安くなりました。
前は月々7000円ほど支払っていたので、この差はとても大きいです。
使い方によって感じ方が変わると思いますが、
私は今の3.1GBプランで十分ネットが楽しめています。
メールや調べもの、動画をたまに見たりする程度なら全然この容量で間に合いますね。
回線速度は、容量を超えない限りは、まあまあ速いのでイライラはしないです。
容量を超えると速度制限がかかって、がっつり遅くなっちゃいます。
いっぱい使うなら5や10GBのプランにしたり、
Wi-Fiを活用するといった工夫をした方がよさそうです。
余ったデータ容量は翌月に持ち越せます。
楽天モバイルにして利用できなくなったのは、キャリアメールです。
他はかけ放題もありますし、前と同じように使えています。
こちらも人によって感じ方が違うと思いますが、
キャリアメールがないとたまに困ることがあります。
パソコンメールだと登録できないサービス・サイトがあったりするので・・・。
電話番号はMNPをするとそのまま使えます。
私の場合、前キャリアがドコモだったので、ドコモに連絡して予約番号をもらいました。
この予約番号、期限があるので、発行してすぐに申し込みをしてください。
遅いと楽天モバイルへの申し込みがキャンセルになるみたいです。


●2台持ちとかサブ携帯にぴったりです

サブ携帯が欲しかったので、楽天モバイルと契約しました。
端末は安く済ませるためにSIMフリーのスマホを中古ショップで購入。
料金アップが気になってずっとガラケーを使っておりましたが、
周りがスマホの人しかいなくなり、肩身が狭くなったのでスマホを持つことにしました。
今はガラケーと楽天モバイルの2台持ちです。
電話はすべてガラケー、ネットは楽天モバイルという感じで使用しています。
楽天モバイルの方は電話機能をつけていないので超安いです!
SMSなしのデータSIMで、プランは10GB、これで2260円。
プランを下げるともっと安くできます。
ベーシックプランというものにすると525円で持てます。
ガラケーと合わせても毎月のスマホ料金は5000円以内です。
ガラケーの1台持ちの時よりも料金は少し安くなりました。
2台持ちをするなら格安スマホがいいと聞いたことがありましたが、
本当にその通りだと感じています。
ガラケーをずっと使っていた私からするとなにも不自由はありません。
ネットは速くなったし、色々なアプリを使えるので楽しいです。
ようやくスマホの良さが分かりました。
10GBで契約していますが、今後プランを下げるかもしれません。
一ヶ月使ってみたところ、5GB~6GBくらいでしたので、5GBプランでもいいかも。
そうすると料金がもっと安くなって1450円になります。
ただ、楽天モバイル1本にすることはないと思います。
楽天モバイル1本にするとauのメールが使えなくなってしまいます。
自分にとってこれはすごく痛いので、このまま2台持ちを続ける予定です。
それに2台持っていた方が、なにかあった場合になにかと便利ですし!
携帯を落としたり、携帯を壊したりすることが度々あるので・・・。
不便だなと感じる点は支払い方法です。
他の会社も同じみたいですが、口座振替やコンビニ払いができません。
クレジットカードかデビットカードのみなので、そこがちょっとデメリットに感じています。
auの方はコンビニ払いなので、どうせならこちらも一緒にコンビニ払いにしたかったです。
SIMカードの注文は簡単でした。
申し込みフォームに必要な情報を入れて、あとはSIMカードが届くのを待つだけです。
最短2日で届くようですが、私の場合は4日ほどかかりました。
スマホにSIMカードを入れてもAPN設定をしないと使えないので注意してください。
APN設定というのは初期設定のことで、自分でやりましたが、
そこまで大変ではなかったです。


●テザリングができなくなった

docomoのスマホを使っていた方にお伝えしたいことがあります!
それは楽天モバイルに変えるとテザリングが利用できなくなるということです。
こうしたイジメは、本当に勘弁して欲しいですね。
後から知りましたが、docomoのスマホにはロックがかかっているので、
格安SIMに乗り換えるとテザリングが使えなくなります。
だから、テザリングで自宅のパソコンやタブレットでネットを使っていた方は
新しくネット回線をひかないといけないので注意した方がいいです!
私は新しくモバイルWi-Fiを購入しました。
結果的にモバイルWi-Fiがかなり使えているので、不便だと感じておりませんが、
全体の通信費は前と同じくらいなので、格安SIMにした意味があんまりないかもです。
それでも500円~1000円くらいは前より安くなかったかな。
回線スピードは遅くなったような気がします。
きちんと計測していないので、どれだけ出ているのかは分かりませんが、
サイトによっては表示されるまで時間がけっこうかかります。
動画を視聴したくても止まることがあって、お世辞にも快適とはいえないです。
Wi-Fiを使わないと快適なネットライフは送れない!
特に回線が混雑する時間帯になると本当にイライラして、ストレスが溜まってしまいます。
Yahoo!を開くだけでも時間がかかって、調べものができないことがあります。
お昼の時間帯、夜5時~6時くらいはすごく混雑するようで、ネットのつながりが悪いです。
試しにわざと回線制限をかけてみたのですが、その時はほとんど使い物になりませんでした。
ライトユーザー、初心者向けの格安SIMだといわれている意味が分かりました。
デメリットばかり書いてしまいましたが、ちゃんとメリットもあります。
一番のメリットはやっぱり低料金でスマホを持てることですね。
docomoを利用していた時は、8000円以上支払っていましたが、
楽天モバイルにすると通話料を合わせても3000円以内です。
この料金の安さは非常に魅力的!!
それに5分間なら無料のかけ放題もオプションでつけることができます。
まぁ、これはLINE電話で間に合ってしまうけど。
端末の販売も行っているので、チラッと見てみましたが、
スペックはさほど高くなかったです。
docomoの最新スマホと比較すると劣って見えます。
ハイスペックのスマホを使いたいなら、セット購入しないで、
普通に別々で用意した方がいいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る