格安SIMの体験談

  • TOP
  • 格安SIMの体験談
  • GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

通話ができない格安SIMになります
データ専用(シンプルプラン)のSIMは、
通話ができないタイプなので注意してください。
私は以前から電話アプリで通話をしていたので、違和感はなかったですが、
そうではない方だと慣れるまで時間がかかるかもしれません。
それと090とか080の電話番号が必要な方には向いていないです。
この格安SIMだと電話番号を持つことができないので・・・。

完璧にネットに特化した格安SIMになっているから、
電話をしない向けと考えた方がいいと思います。
ただ、月額料金は業界でも屈指の安さです。
私もその安さに惹かれて契約しました。
たとえば、私が契約している5GBのプランだと月額料金は1250円です。
SMSを仮につけても1500円以内でおさまるので、
キャリアから乗り換えるとかなりの節約になります。
容量は10GBまで選べるので、ある程度スマホを使う方でも大丈夫ではないでしょうか。
ネット速度は、そこそこ速いです。
不自由なく動画を見たり、ゲームをしたりできているので、
このくらいのスピードなら全然問題なしですね。
でも、3日間のデータ使用量が制限されているから、思い切って使えません。
5GBの場合、3日間で1GBを使用すると制限がかかります。
するとネット速度が格段に落ちて、256kbpsになってしまいます。

動画を見過ぎると簡単にそのくらい使ってしまうので気をつけた方がいいです!!
私も最初はどのくらいまで使っていいのか分からず、よく制限を受けていました。
制限がかかると調べ物をするのも一苦労になるので、
使い過ぎないようにできる限りWi-Fiを使用したり、
なにかしらの工夫をした方がいいと思います。

もう1つ残念なのが、余ったデータ量を繰り越せないことです。
私は基本的に使い切るのであまり関係ないですが、余ってしまう方にとっては、
けっこう重要な問題では?
最近、データ量の繰り越しができるところがほとんどなので、
この点は早めに改善すべきだと感じました。

キャリアみたいな2年縛りはこれにはありません。
特にこのくらい使わないといけないというような決まりはないので、
試しに使ってみて、合わなかったらすぐに解約というのも可能です。
この辺はキャリアにないメリットです。

料金が安くて、速度もそれなりに速いので、
なかなかコスパのいい格安SIMという印象です。
どこにしようか迷っていて、特別なこだわりがないなら、
ここにしてもいいような気がします。
電話が必要なら通話機能付きのプランを選べばOK。

乗り換えて後悔
乗り換えて、3ヶ月が経過しましたので、簡単に感想を書きますね。
結論から言ってしまうと乗り換えて後悔しています(苦笑)
基本料金は結構安めで嬉しいですが、通信速度が遅いので使い勝手が悪い!!
繋がりが悪くネット検索に時間がかかってしまうので、仕事に少し支障が出ています。
ドコモの時はサクッと検索できていただけに
このスピードの遅さはすごく気になります。
日中の特に12時前後になると回線が混み合うためなのか、
さらに繋がりが悪くなるので、本当に勘弁してほしいです。
回線速度が気になる方は、絶対に契約すべきではありません!
動画を見るのだって苦労するし、
アプリをダウンロードする際に時間がかかってしまいます。

正直、快適とは程遠いです。
ちなみに以前はもっとひどかったです。
自分が契約した時は、3日間の通信量に制限がかかって、
それを超えると速度が遅くなるというルールがありました。

この速度制限はひどくて、制限がかかっている間は使い物にならなかったです。
今は3日間の通信量制限が撤廃されているので、前よりはよくなりました。
それでもさっきも言ったように速度には不満がすごくあります。
SIMは、音声SIM、データ専用SIM、SMSSIMの3つあって、一番安いのがデータ専用です。
データ専用だと通話ができないので、自分は音声SIMにしています。
LINE電話でも代用可能ですが、090の電話番号がないと仕事に使えないので、
仕方がなくという感じですが。

容量は6GB、月額の基本料金は2000円くらいです。
基本料金が4分の1程度になったので、料金面のメリットは非常に大きいです。
電話代を合わせても月にかかるお金は5000円以内なので助かっています。
しかし、いくら安くなっても通信速度がここまで遅いのであれば、意味がない。

ドコモと同じくらいの速度で、この料金なら万々歳ですが、あまりにも遅いので、
契約期間が終わったら他の格安SIMに乗り換えしたいです。
今度は多少料金がアップしても、速い格安SIMにします!
サクサク動画を見れないのはストレスが溜まるのでかなりのデメリットです。

キャンペーン内容は悪くありません。
キャンペーンが適用されると月々の基本料金が100円ほど安くなります。
期間は決まっておらず、ずっと安いままで利用できるので、
長く使いたい方にはいいのかもしれませんが、
やっぱり個人的にはおすすめできません。

BIGLOBE SIMからレンタルしてサービスを提供しているので、
それなら最初からBIGLOBE SIMで契約した方が良かったかもって思ってしまいました。

口コミが見当たらない
GMOはそれなりに有名な会社ですので、乗り換えには不安はありませんでした。
しかし、気になったのが口コミの少なさです。
他社の口コミは探せばたくさん出てきますが、
GMOとくとくBBとなると全くといっていいほど出てきませんでした。
そのため、速度が速いのか、対応がいいのか、などを把握できないまま契約しました。
数少ないGMOとくとくBBの体験談だと思うので参考になればうれしいです。
申し込みは、インターネットからできます。
GMOとくとくBBと検索すると公式サイトが出てくるので、そこから申し込みをします。
するとデータSIM、SMS SIM、音声通話SIMといった項目が表示されます。
好きなSIMを選んで、プランやオプションを決めて、
個人情報を入力すると申し込みが終わります。
だいたいSIMの種類やプランが決まっているなら
10分もあれば申し込みは終わると思います。
私でそのくらいだったはずです。

通話ができるのは音声通話SIMのみとなっているので、間違わないでください。
プランは3GB、6GB、12GBの3つあったので、真ん中の6GBにしました。
使ってみて多すぎず少ないちょうどいい容量でした。
YouTubeを見過ぎるとオーバーすることがありますが、
メインがネットサーフィンやメールとかなら全然余裕です。
その程度なら3GBでもいけると思います。

速度は料金相応で、こんなもんでしょう。
遅すぎて使えないほどではないですが、キャリアと比べてしまうと差が歴然です。
ソフトバンクを利用していた頃の方が確実に速かったです。
ただし、安定感はある方だと感じました。
もともとそんなに速くない(笑)ってのもありますが、
混み合いそうな時間帯になっても速度はそんなに変わらないです。
少し普段より遅くなったかも?と感じる程度なので、安定感は他社よりもあるかも。
それで速度が速かったら文句ないのに。

移行する際に手数料やMNP手続き料などもろもろかかります。
全部で7000円くらいだったかな?
音声通話SIMにすると縛りが出てくるので、これも覚えておいた方がいいです。
データ専用とSMS付きの場合だと縛りはなく、自由に解約ができますが、
音声通話SIMになると12か月の縛りが発生します。
期間内に解約すると8000円の解約金がかかるので要注意。
速度は違いましたが、通話の品質はソフトバンクと変わらないです。
IP電話ではないので、途切れませんし、まったくキャリアと遜色ありません。

ビッグローブSIMよりも安く使える
ビッグローブSIMの回線を使ってる業者です。
だからビッグローブSIMにするか、ここにするか悩みましたが、
料金がわずかにこっちの方が安かったので使うことにしました。
私が契約した6GBの通話SIMの料金を比較するとビッグローブが2150円なのに対して、
GMOは1970円(キャンペーン適用)でした。
月に200円程度の安さですが、年間で計算すると2000円ほどお得になるので、
コスパのいい方を選びました。

通信スピードは、ビッグローブを利用したことがないので、
速いかどうかは分かりませんが、別に不満はありません。
格安SIMに移行するとやや遅くなるという評判は聞いていましたので、
ある程度の速度ダウンは覚悟していましたが、
ほんの少し遅くなったくらいなので良かったです。
意外とスピードはキャリアと変わらないようですね。

夜はまだいいですが、昼間に多少繋がりが悪くなることがあります。
14時くらいにはもとに戻りますが、その時間帯はできることが限定されます。
仕事中の時間なので、困らないといえば困らないですが。
ビッグローブと同じく、通話オプションがあるのは評価していいと思います。
ビッグローブ電話通話パック60というオプションに加入すると月額650円で、
1200円分の通話が無料になります。
毎月1000円は通話代がかかるので、私は加入させてもらっています。
通話アプリのビッグローブ電話をただダウンロードして、
かけるだけでも通話代が半額になるので、
オプションは加入しなくてもいいのでアプリだけは利用した方がお得です。

6GBで契約しているのでビッグローブWi-Fiを無料で利用できています。
3GBだと有料になります。
外出先でWi-Fiを利用したいなら、多少基本料金は高くはなるけど、
6GB以上にした方がいいのではないでしょうか。
申し込みは、想像よりも簡単でした。
店舗に行かなくてもネットで完結できますし、届くのも早かったので、
面倒臭さは感じませんでした。

ただ、電話番号を継続して利用する場合は、MNPの手続きをしないといけません。
この作業がちょっとだけ面倒かも。
SIMが到着後、設定を行いますが、説明書を見ながらやればすぐに終わります。
GMOに限ったことではなく、他社さんにも言えることですが、
キャリアのメールアドレスが利用できなくなります。
ドコモならdocomo.ne.jpのアドレスが使えなくなるので、
代わりにフリーメールを使う機会が増えます。
最初はヤフーメールを使っていましたが、Gmailの方が使いやすかったので、
そちらに移行しました。

ドコモスマホならすぐに乗り換え可能
ドコモ回線の会社ですので、docomoのスマホを持っている方ならすぐに移行できます。
僕もdocomoのスマホを利用していたので乗り換えは簡単でした。
GMOのSIMを端末に挿入して、APN設定を行えばOKです。
電話番号の引継ぎ作業もdocomoショップに行くと教えてくれるので
問題ありませんでした。

容量は3GB、6GB、12GBの3つ。
永年割引というキャンペーンを使うと月額基本料金がちょっとだけ安くなりました。
スマホをそんなに使う方ではないので、3GBで利用しています。
データ容量が余った場合は、次の月に繰り越しされる仕組みになっています。
一ヶ月の料金は通話料によって多少前後しますが、基本的に3000円くらいです。
基本料金が1500円ほどなので、電話をしなければその金額でおさまります。
移行前は毎月7500円程度かかっていたので、4000円ほど節約できています。
キャンペーンのおかげで初月は無料でした。
ただ、初期費用は請求されます。
通信速度が遅いと言っている方もいますが、僕はそこまで気になっていません。
たしかに速度は遅くなりましたが、その代わり料金が安くなったので、満足しています。

メリットがあればデメリットもあるのは当然なので納得しましょうね!
あくまでもドコモと比較してなので、普通に使う分には支障はないです。
動画だって普通に見れて、音楽も聴けるので、このくらいの速度があれば十分なのでは?
動画をサクサク見たいなら少し放置すれば、止まらずに観れます。

シェアSIMがあるので、家族で利用したい場合もお得になります。
どんなものかというと、6GBなら6GBを家族でシェアして利用するタイプです。
複数で使うなら単体で契約するよりもシェアSIMを契約した方が安く済みます。
僕は加入していませんが、通話オプションとWi-Fiオプションがあります。
60分の通話代が無料になるビッグローブでんわ通話パック60は、
けっこう使えると思います。

Wi-FiオプションもWi-Fi環境が整っていない方には便利でしょうね。
僕の場合、WiMAXを持っているので、どこにいる時も基本はWi-Fiで
ネットを接続しています。
そのため、本当は1GBでも十分なのですが、3GBからしかないのが残念。
ビッグローブのSIMと似たような内容ですが、
料金はGMOの方がやや割安に設定されています。
ただ、サービス面はさすがに本家のビッグローブの方が上です。
サービス面で選ぶならビッグローブ、料金ならGMOという感じかな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る