格安SIMの体験談

  • TOP
  • 格安SIMの体験談
  • Fiimo

Fiimo

mineoと迷いましたが・・・
au機種対応の格安SIMは少ないと聞いていましたが、
本当になくて驚きました・・・。
探してみるとあったのがmineoとこのFiimo。
ドコモ機種対応の格安SIMはものすごく多いのになんでなのでしょう。
mineoと迷いましたが、なんとなくFiimoにしました。
だから理由は特にありません(笑)
SIMが届いたのは、最近でちょうど1週間前です。
封筒を開けるとSIMカードと説明書の2つだけが入っていて、
他にはなにも入っていませんでした。

SIMを挿せばすぐに移行完了だと思っていましたが、最初に設定が必要でした。
うわっ面倒臭い・・・と正直感じましたが、
5分?10分?くらいで終わったので、そんなに時間はかかりません。
で、移行前から心配だった通信速度ですが、意外に速くてうれしかったです。
夕方に計測して、速度は15Mbps近く出たので安心しました。
格安SIMはもっと遅いと思っていたので、ここまで速かったらなにも文句はありません。
ただし、平日の昼間に計測すると回線速度が下がり、
動画を見ていると止まってしまうことがあります。
この辺は格安SIM共通の問題っぽいですね・・・。

スマホ料金は、だいたい4000円から5000円ほど安くなりました。
データ通信+音声タイプの10GBで契約していて、月額基本料金が3350円です。
電話のかけ放題がなくなったのは多少痛いですが、
代わりに電話アプリを使うようにして、通話代を節約しています。
一応、LaLaCallっていう050通話アプリを利用できるようですが、
自分はLINE通話を利用しているので、そちらのアプリは使っていません。
乗り換えるとauとか大手キャリアのメールアドレスが利用できなくなりますが、
代わりに「@ma.fiimo.jp」というFiimoのメールアドレスがもらえます。
でも、このメールアドレスはPCメール扱いです・・・。
迷惑メール対策を相手がしていると届かないので、気をつけた方がいいです。

最近までそのことを知らずに普通に使っていましたが、
友達にメールを送っていたのに返信がなかったので、電話をしたところ、
届いていないと言われて、その時に初めてPCメール扱いになるというのを知りました。
公式サイトにちゃんと明記してあったので、確認を忘れた自分が悪いですが、
やっぱりキャリアメールよりも不便です。

まだ乗り換えたばかりなので、偉そうなことは言えませんが、
キャリアメールが不要な方なら移行しても特に支障はないと思います。
使い方は変わりませんし、料金も安くなるので、スマホ代を節約したいならありです。

mineoにしておけば良かったです
au端末が使えるということで、試しに契約しましたが、
素直にmineoにしておけば良かったです。
ぶっちゃけ、Fiimoはおすすめできません!!
ドコモとauの両方が使える数少ない業者ですが、とにかく通信スピードが遅すぎ!
通信スピードを測ってみたら、ビックリするほど遅くて1Mbpsを切っちゃいます。

アップロードは10以上出ることもあるのでいいのですが、
ダウンロードが遅いと使い物にならないので、契約しなければ良かったと後悔中です。
1MbpsだとYouTubeを視聴するだけでも一苦労。
それと一番困っているのが、ゲームができなくなったことです。

以前auと契約していた時は、オンラインゲームを楽しむことができましたが、
今は厳しいです。
画面がカクカクしたり、途中で動かなくなったり、
データの更新時にやたら時間がかかります。
そのため、いくつかできなくなったゲームがあります。
せっかく課金して頑張っていたのに残念です。

せめて10Mbps程度出てくれればいいのですが、いつ計測しても1Mbps前後なので、
もう通信スピードには期待していません。

しかも、mineoよりも価格設定が少し高い!
高いからその分通信スピードが速いと思っていたのに。
価格と通信スピードはイコールではないみたいです。
それでもauを利用している時と比べると価格は安くなりましたが、、、。

乗り換えてからの携帯代は、だいたい3500円から4000円で、
この中に通話料金も含まれています。
通話ができる5GBのプランで基本料金が2300円なので、毎月の通話は1500円前後です。
価格はたしかに半額近くまで安くなりましたが、何度も言っていますが
通信スピードが一気に下がったので、個人的には乗り換えに失敗した感じが強いです。
普通にmineoに申し込みをしておけばこんな事態にはならなかったと思うので、
みなさんは気をつけてください。

解約を考えていますが、最低利用期間があるので迷っています。
電話付きで契約したため、最低利用期間が1年あります。
1年以内に解約した場合、10000円の違約金がかかってしまうので、
やめたくても簡単にはやめれません。
それでも通信スピードが遅いとゲームはできないし、YouTubeも観れないので、
10000円で今の状態から解放されるならいいかなって気持ちもしてきています。

そして、Fiimoのメールアドレスをもらえますが、全然使えません。
キャリアメールと同じように使えれば良かったのですが、
フリーメールと変わらないので、ヤフーメールとかGmailを使った方がいいです。

回線スピードに不満いっぱい
ドコモから乗り換えました。
決め手になったのは申し込みをすると8か月間500円割引のキャンペーン内容です。
500円はかなり大きい!そう思い乗り換えましたが、成功したのか失敗したのか微妙な印象。
まず、料金面は予想通り下がったので、満足しています。

SIMはデータ通信、SMS付きデータ通信、音声&データ通信の3タイプがあります。
プランは3GB、5GB、10GBの3つです。
私の場合、ネットをけっこう使うので音声&データ通信10GBにしました。
そうすると基本料金が3000円くらいまで下がりました。
ドコモの時は毎月7000円以上払っていたので、
通話料金を入れても大幅に節約できています。
通話をたくさんした時でも5000円くらいでおさまるので、
最低でも2000円は安くなりました。

これでかけ放題があれば、もっと節約できるのですが、
この業者にはそうしたプランがありません。
最初にかかる費用は、新規契約時の契約事務手数料と電話番号を移行するのに
MNP転出手数料の2つで、それぞれ3000円、計6000円かかります。
縛りは音声&データ通信が1年、その他が1ヶ月です。

キャリアの場合、2年縛りが普通なので、この辺は良心的ですよね。
こんな感じで料金面には不満はないのですが、問題は回線スピードです。
ちょっと遅くなるだろうなとは予想していたのですが、想像をはるかに超えていました。
動画は観ようと思えば観れないこともありませんが、サクサクとは程遠いです。
無料動画アプリのAbemaTVを観るのが日課だったのに、今はほとんど観ていません。
音声が流れない、画面が止まるといったことが毎回起こるので、
イライラして利用しなくなりました。

どのくらいスピードが出ているのかびくびくしながら調べてみるとなんと
1Mbps以下という結果に・・・・・・。
ちょっとありえないですよね。
通りで動画観れないわけです。
動画視聴ができないのも痛いですが、一番イライラするのがアプリのアップデート。
アップデートにすごい時間がかかってしまい、
早く終わってよ・・・っていつもイライラします。

ネットを使わなくて、ただ単純にスマホ料金を下げたいユーザーにはいいのかもだけど、
今までと同じように動画などを観たいユーザーが乗り換えると
私みたいにイライラすると思うので注意した方がいいです。
調べて分かりましたが、それにここよりも低料金で利用できる業者もあるようですし。
キャンペーンに騙されないでくださいね。

久しぶりに登場したau系のMVNO
au系のMVNOを比較したくて、
現在mineoとUQ mobileとFiimoの3社と契約しています。
Fiimoは久しぶりに新しく出たau系のMVNOです。
その前まで、mineoとUQ mobileの2つしかau系のMVNOはありませんでした。
だから、期待しつつ申し込みをしたのですが、完璧に裏切られました。

mineoの回線をレンタルしてサービスを提供しているので、
同等の料金・サービス内容だろうと勝手に思っていましたが全然違います。
mineoの場合は通話サービスがあったり、高速・低速切り替え機能がありますが、
Fiimoにはないです。

肝心の通信速度は、mineoとUQ mobileよりも遅いです。
一番はUQ mobile、次にmineo、最後にFiimoという感じですが、
一番の二番は時間帯によって変わることがあります。
mineoと同じ回線を使っているので、同じくらいのスピードを期待していたのですが、
断然mineoの方が速いです。
mineoだと軽く10Mbpsを超えるから、
キャリア利用時と変わらずに普通にネットを楽しめます。
動画だって快適に観れますし、音楽のダウンロードも早いです。

一方、Fiimoは10Mbpsなんてスピードは出ません。
出ても3Mbps、出ない時は1Mbpsも出ないので、通信速度はしゃれにならないほど遅い!!
月額料金もFiimoの方がやや割高で、厳しい言い方になりますが、
mineoの劣化版だと考えていいと思います。

しいてメリットをあげるとするとau端末が使える数少ない格安SIMというくらいです。
というわけで、Fiimoは1ヶ月後に解約する予定。
データ通信SIMなら縛りがないところもありますが、
ここはデータ通信でも1ヶ月の縛りがあります。
途中解約すると1万円請求されるので、あと少しだけ使って解約します。

端末とセットで購入することもできますが、スペックにこだわるなら買わない方がいいです。
お世辞にもハイスペックとは呼べないので、ヘビーユーザーには向きません。
値段が手ごろのライトユーザー向けの機種です。

総合的に評価させてもらうと正直、わざわざFiimoにする意味はないと思います。
au端末をそのまま継続したいならFiimoじゃなくて、
mineoとかUQ mobileを大人しく使うべきです。
キャンペーンで期間中は安く利用できますが、
長い目で考えると他社で契約した方がお得になりますし、なによりも通信速度が遅すぎます。

イメージしていたよりも悪くない
口コミが見当たらなかったため、どんな格安SIMなのか不安でしたが、
イメージしていたよりは悪くなかったです。
ネットで契約が全て終わるので、乗り換えはとても簡単でした。
MNPの手続きが少し面倒に感じたくらいで、他はすぐに終わるので時間がかかりません。
移行する際に事務手数料が3000円、MNP費用が3000円かかりましたが、
これから安くなると思えばどうってことありません。

SIMの種類はデータ通信、データ通信とSMS、音声とデータ通信の3つ。
選べるプランも3、5、10GBの3つ。
この中から自由に組み合わせることができて、僕は音声とデータ通信のSIMで、
5GBのプランで契約しました。

届いたらANP設定をしないと使えないので、そこだけは気をつけてください。
使い始めの回線速度は、auを利用していた時とほぼ同じで、10から20Mbps出ました。
比較的速度が低下しやすいお昼に計測しても、10は超えていたので、予想以上の結果です。
ただ、最近は最初の頃のようなスピードは出ません。
登場してすぐだったので、利用者がまだまだ少なくて、スピードが出ていたのでしょうね。
現在は、5Mbps前後といったところです。
普通にネットをする程度なら十分な速度ですが、
使い始めと比較すると倍以上遅くなりました。
これからどうなるか分かりませんが、もう最初の頃のような速度は期待できないかも。

やはり、格安SIMは利用者が多くなると回線速度が低下するのが弱点ですね。
残念なのが高速・低速切り替え機能がないこと、かけ放題プランがないことです。
大手の格安SIMだと高速通信と低速通信を状況に応じて切り替えられますし、
かけ放題もあります。
でも、この格安SIMには両方ともないので、サービス面は他社よりも劣ります。

電話をそれなりにかける自分からするとかけ放題プランは欲しかったです。
完全かけ放題とはいかなくても5分や3分かけ放題プランがあれば良かった。
かけ放題をつけている感覚で電話を使ってしまうとけっこうな金額になりそうなので、
電話をたくさんかける人は、気をつけながら通話をした方が良さそうです。
下手をすると携帯料金が下がるどころかアップする危険もあります。

料金は下がったし、現状のスピードに不満はないので、乗り換えて良かったと思っています。
これから先、スピードがこれ以上遅くならない限り、継続する予定です。
改善して欲しい点は、サポートセンターの繋がりづらさです。
電話をしてもなかなか繋がらず、困ったことがあったので、
こだけは早急に改善して欲しいかな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

メニュー

ページの先頭へ戻る