格安SIMのデメリット

  • TOP
  • 格安SIMのデメリット
  • 端末を用意しないといけない

端末を用意しないといけない

格安SIMを利用したい場合、端末を自分で用意する必要がありますが、これがやっかいです。
対応しているものと対応していないものがあるので、
適当に購入すると後悔することになります。
現在使用している端末が対応している場合は、わざわざ用意しなくてもいいですが、
それ以外の場合は別途用意ししましょう。

・端末代金が高くつく
キャリアで端末を購入すると様々な割引サービスを受けることができます。
実質0円というキャンペーンもあるので、まとまったお金を用意する必要がありません。
一方、MVNOは基本的に値引きをしていないです。
定価で購入しないといけないので、まとまったお金が必要になります。
このデメリットが理由で格安SIMに乗り換えることができない人も少なくありません。
しかし、高い端末代金を払っても月々の料金が安くなるので、
格安SIMがお得なことには変わりないです。
月々のスマホ代が3000円安くなれば1年間で36000円も得することになります。
そう考えると端末代金が高くても納得できるのでは?

・用意するのが面倒な人はSIMカードと端末のセット販売がおすすめ
いちいち対応しているかどうか確認して購入するのは面倒という人や、
どれがいいのかよく分からないという人も多いはずです。
そこでおすすめしたいのがSIMカードと端末のセット販売です。
MVNOの中にはSIMカードと端末をセットで販売しているところがあります。
これなら格安スマホを使いたいと思ったらすぐに乗り換えることができます。
ただし、選べる端末が限られているので、こだわりがある人にはおすすめできません。

・セット販売のメリット
格安SIMを利用する場合、通常はAPN設定という初期設定を行わないといけませんが、
セット販売だとその必要がありません。
それほど難しいものではないですが、初心者だと面倒に感じるでしょう。
また、セット販売で用意した方がアフターサービスが充実しています。
普通にお店で端末のみを買った場合は、メーカー補償程度です。

・docomoスマホなら大抵の格安SIMは利用できる
MVNOは自社の通信回線を持っていません。
キャリアの通信回線を利用してサービスを提供しています。
ここで注目したいのが「MVNOはどこのキャリアの回線を多く利用しているのか?」
答えはdocomoです。
docomoの回線を利用しているところがほとんどなので、
docomoのスマホなら大抵の格安SIMは使用できます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「格安SIMのデメリット」の他の記事へのリンク:

キャリアメールを使えない音声通話ができないものもある通信速度が下がりやすい| 端末を用意しないといけない| 今まで利用できていたサービスが使えなくなる可能性がある

メニュー

ページの先頭へ戻る