格安SIMの選び方

  • TOP
  • 格安SIMの選び方
  • とにかく安くスマホを使いたい!業界最安値の格安SIMはこれ!

とにかく安くスマホを使いたい!業界最安値の格安SIMはこれ!

通信速度なんて関係ない!遅くてもいいから安くスマホを持ちたい!
という方もいると思います。
そうした料金重心の方におすすめの格安SIMを紹介します。
スマホ料金に不満を感じていた方は、
これから紹介する格安SIMに乗り換えることで大幅に月額料金を節約できます。
この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

DTI SIM

■DTI SIMの最安プラン
・データプラン 1GB→月額料金600円
・データSMSプラン 1GB→月額料金750円
・音声プラン 1GB→月額料金1200円

月額料金600円から使える業界屈指の激安格安SIMです。
通話可能な音声プランでも月額料金1200円から使えるので、
スマホ料金を節約したい方に大変向いています。
余分なサービスがないシンプルさが特徴の格安SIMとなっているため、
スマホ初心者や高齢者、子供にもいいでしょう。
もちろん、この他のプランも業界トップクラスの安さとなっています。
とにかく料金を安くしたい!そんな方におすすめです。

■新規契約者限定のお試しプランに注目!
「格安SIMに移行したいがちょっと怖い・・・」という方もいるでしょう。
そこでおすすめしたいのがDTI SIMのお試しプランです。
DTI SIMでは、初めて契約される方限定で、お得なお試しプランを用意しています。
選べるプランは「でんわ定額プラン 3GB」「データ半年お試しプラン 3GB」
「データSMS半年お試しプラン 3GB」の3つです。
データ半年お試しプラン 3GBとデータSMS半年お試しプラン 3GBは、
1ヶ月目から6ヶ月目まで無料。(7ヶ月目以降は通常料金)
でんわ定額プラン 3GBは、通常料金2270円のところが、
1ヶ月目から6ヶ月目まで1480円で利用できます。
半年間無料で使えるのは非常に大きいので、
迷っている方はお試しプランからスタートするのもいいかもしれません。

■格安でデータチャージもできる
1GB契約だと格安でスマホを持てますが、データ容量が足りなくなる可能性も高いです。
データ容量がゼロになると回線制限が発生し、ネットの繋がりが悪くなります。
DTI SIMの場合、データ容量が足りなくなってもすぐに増やすことができます。
チャージ料金も安く、100MBにつき200円、1GBにつき480円です。

■ポイントも貯まってお得
DTI SIMは安いだけではなく、ポイントも貯まります。
DTI SIMが運営するポイントサイト「スマイルモール」のポイントがもらえます。
貯まったポイントは現金・ギフト券と交換できるので、
他社よりもお得にスマホを利用できます。

DTI SIM お試しプランLP

mineo

■mineoの最安プラン
・ドコモプラン シングルタイプ 500MB(データ通信専用)
   →月額料金700円(docomo回線)
・ドコモプラン デュアルタイプ 500MB(データ通信+音声通話)
   → 月額料金1400円(docomo回線)
・auプラン シングルタイプ 500MB(データ通信専用)→月額料金700円(au回線)
・auプラン デュアルタイプ 500MB(データ通信+音声通話)→月額料金1310円(au回線)

docomo回線とau回線の両方を扱っているマルチキャリア対応のMVNOです。
auから安い格安SIMに乗り換えたい方は、こちらのmineoがいいと思います。
対応端末も非常に多く、docomo端末だと約300種、au端末だと約100種使用できます。

■auプランだと無料でSMSが利用可能
一般的なデータ通信専用プランの場合、SMSは別途契約となります。
しかし、mineoのauプランだとSMSが無料で利用できます。
docomoプランは他社と比較すると多少割高ですが、
auプランは標準でSMSが利用できるので、他社よりもコストパフォーマンスがいいです。
料金だけで考えた場合、どちらかというとauユーザー向けの格安SIMだといえます。

■使い勝手もいい
いくら安くても使い勝手が悪いと乗り換えたくないですよね?
mineoは使い勝手がいいと評判の格安SIMです。
データ容量の繰り越しサービス、高速データ通信の切り替え機能、パケットシェア、
パケットギフトなど様々なサービス・機能があります。
サポートも手厚いのでスマホ初心者でも安心です。
現在、使用されているキャリアよりも使い勝手はいいかもしれません。

■通話オプションが充実している
mineoは通話オプションも充実しているので、基本料金だけではなく、通
話料金も安くしたい方にもいいでしょう。
選べる通話オプションは月額850円の「5分かけ放題サービス」、
月額840円の「通話定額30」、月額1680円の「通話定額60」の3つです。
長電話をされる方は通話定額60、短時間の通話を何度もされる方は
5分かけ放題サービスが向いています。

DMM mobile

■DMM mobileの最安プラン
・データSIMプラン ライト→月額料金440円
・データSIMプラン 1GB→480円
・通話SIMプラン ライト→1140円
・通話SIMプラン 1GB→1260円

DMM mobileは激安プランを提供するMVNOです。
中でもライトプランと1GBプランは非常に安く、
あまりスマホを使わないライトユーザから多くの支持を得ています。
音声通話を付帯しても1000円台前半で利用できるのは心強いです。
DTI SIMと同様、とにかく料金を安くしたい方に向いています。

■ライトプランはライトユーザ向けのプラン
ライトプランは、あまりスマホを使わないライトユーザ向けのプランになります。
最大通信速度は200Kbpsと低いので、動画を視聴される方や、
音楽をダウンロードされる方には不向きです。
追加チャージすると高速データ通信を利用できますが、
それであれば他のプランを契約した方がお得なので、よく考えてから選んでください。

■通話料金が半額になるDMMトークを有効活用しよう
格安SIMに乗り換えると通話料金が以前よりも高くなるケースが多いです。
DMM mobileも普通に使うと通話料金がアップする可能性が高いですが、
DMMトークという専用アプリをダウンロードすることで通話料金を節約できます。
さらにDMMトークを利用した月額850円で5分以内の通話なら話し放題という
オプションサービスもあります。
通話SIMプラン ライトに5分かけ放題オプションをつけても
2000円以内で月額料金がおさまるので、電話をかける機会が多い方にもおすすめです。

■バースト機能搭載
データ容量を使い切ると回線制限がかかるため、回線速度が一気に低下しますが、
DMM mobileの場合はバースト機能を搭載しているので、
簡単なサービスなら不自由なく利用可能です。
動画視聴・ダウンロードは難しいですが、調べ物程度ならまったく問題ありません。
そのため、大容量のサービスを利用しない方ならライトプラン・1GBプランで十分でしょう。

DMMmobile

イオンモバイル

■イオンモバイルの最安プラン
・音声500MBプラン→1130円
・音声1GBプラン→1280円
・データ1GBプラン→480円

みなさんも普段利用しているイオンが提供する格安SIMです。
以前は速度が遅く、料金も高かっため、人気はありませんでしたが、
現在は大幅に改善され、利用者が増えています。
店舗契約できる点やプランの豊富さが注目されていますが、実は料金も安く、
コストパフォーマンスに優れています。
データ専用SIMなら月額480円から、音声通話SIMでも1130円から利用できます。
500MBの低容量プランから50GBの大容量プランまで用意しているので、
自分に最適なプランを見つけられるはずです。

■契約期間がない
キャリアと同様に契約期間を設けているところが多いですが、イオンモバイルは違います。
半年や1年、2年といった契約期間は存在せず、いつでも自由に解約可能です。
自分が思っていたイメージと違った場合、
イオンモバイルよりもお得な格安SIMを見つけた場合、すぐに乗り換えができます。
そのため、まずは試しに格安SIMを使ってみたいという方にいいかもしれません。

■とことん安くしたいならシェアプランがおすすめ
家族全員のスマホ料金をまとめて安くしたい場合におすすめなのがイオンモバイルの
シェアプランです。
データ容量を家族でシェアすることによって、お得な料金でスマホを持てます。
料金は以下の通りです。*SIMカード3枚(音声1枚、データ2枚)

・シェア音声4GBプラン→月額料金1780円
・シェア音声6GBプラン→月額料金2280円
・シェア音声8GBプラン→月額料金2980円
・シェア音声12GBプラン→月額料金3580円
・シェア音声20GBプラン→月額料金4980円
・シェア音声30GBプラン→月額料金6380円
・シェア音声40GBプラン→月額料金8280円
・シェア音声50GBプラン→月額料金11100円

■月額1980円でかけ放題
イオンモバイルではIP電話アプリを利用した「050かけ放題」オプションを提供しています。
050かけ放題は、月額1,980円で利用でき、
国内への通話であれば何時間でも何度かけても無料です。
キャリアのような完全なかけ放題オプションを提供しているところは少ないので、
貴重な格安SIMだといえます。
基本料金と通話料金の両方を安くしたい方は、ぜひ利用してください。

nuroモバイル

■nuroモバイルの最安プラン
・0 SIM データ専用プラン→月額料金0円から1600円(500MB/月から5GB/月)
・0 SIM データ+SMSプラン→月額料金150円から1750円(500MB/月から5GB/月)
・0 SIM データ+音声プラン→月額料金700円から2300円(500MB/月から5GB/月)

nuroモバイルは、1GBきざみでプラン契約できる非常に分かりやすい格安SIMです。
0 SIMプランなら月額0円から利用できます。
ほとんどインターネットを利用しない方なら信じられないほど格安でスマホを持てます。

■0 SIMとは?
0 SIMとは、1ヶ月の高速データ通信量が500MBまで0円で使える大変お得なプランです。
つまり、500MBまでならタダでスマホを持てます。
500MBを超すと100MBにつき月額100円が加算され、
2GBから5GBまでは1600円の定額で使えます。
5GBを超えた場合、速度制限がかかりますが、データチャージすることで
高速通信が利用可能です。
音声通話ができる「0 SIM データ+音声プラン」は、プラス700円ですが、
それでも他社と比べると圧倒的にお得だといっていいでしょう。

■0 SIMのデメリット・注意点
お得感満載の0 SIMですが、デメリットや注意点もあるので覚えておきましょう。
まずは契約に関する問題です。
0 SIM データ専用プランまたは0 SIM データ+SMSプランを契約した場合、
3ヶ月間まったくデータ通信を行わないと自動的に解約となります。
サブスマホとして契約し、そのままずっと使わずにいると知らないうちに
解約されていた・・・なんてことが起こり得るので注意してください。
0 SIM データ+音声プランの場合は、データ通信をまったく利用しなくても
解約される心配はありません。
あくまでも0 SIM データ専用プランと0 SIM データ+SMSプランのみのルールです。

もう1つの問題が速度です。
最大受信速度は225Mbpsとされていますが、実際はもっと遅い可能性があります。
口コミを見ると速度が遅くて使い物にならない!といった方もいるので、
速度には期待しない方がいいでしょう。
ただ安ければいいという方向けです。

NUROMOBILE

LINEモバイル

■LINEモバイルの最安プラン
・LINEフリープラン(データ)→月額料金500円(1GB/月)
・LINEフリープラン(データ+SMS)→月額料金620円(1GB/月)
・LINEフリープラン(データ+SMS+音声通話)→月額料金1,200円(1GB/月)

LINEモバイル株式会社が提供する格安SIMです。
最安プランはLINEフリープランで、データ専用だと月額料金500円で利用できます。
月々利用できるデータ容量は1GBです。
SMSを付ける場合は月額+120円、音声通話を付ける場合は月額+700円。
データ専用だけではなく、SMSや音声通話を付帯しても業界トップクラスの安さで
スマホを持てます。
LINE利用者の増加に伴って、LINEモバイルの需要も年々高まっています。

■LINE対象サービスがカウントフリー
LINEモバイルの魅力はただ安いだけではありません。
LINEを運営するLINEモバイル株式会社が提供しているため、
LINEのサービスがカウントフリーで利用できます。
トークはもちろん、画像・動画の送受信、タイムライン、
さらにLINE通話もカウントフリーです。
また、LINEの年齢認証も可能なので、LINEを使われている方にとって
最適な格安SIMといっていいでしょう。

■Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリーになるプランもある
LINEフリープランだとカウントフリーはLINEサービスのみが対象ですが、
コミュニケーションフリープランだと他社のSNSも対象になります。
対象となるのはLINE、Twitter、Facebook、Instagramです。
どれもみなさんが普段利用しているサービスだと思うので、
多少の料金アップが気にならないなら、こちらのプランを選ぶのもいいかもしれません。
料金は月額1110円から、3GB・5GB・7GB・10GBからデータ容量を選ぶことができます。

■音声通話SIMのみ最低利用期間あり
データ専用・データ+SMSにはありませんが、音声通話SIMには最低利用期間があります。
12ヶ月以内に解約した場合、9800円の解約手数料がかかるので、
1年間は使わないといけません。

ロケットモバイル

■ロケットモバイルの最安プラン
・神プラン データプラン→月額料金298円
・神プラン 通話プラン→月額料金948円

ロケットモバイルは破格の安さでスマホを持てる格安SIMです。
神プランは月額298円から利用でき、通話機能を付帯しても
たった948円でスマホを持てます。
つながる端末保証とセットになったスーパー神プランもあります。

また、以下のように高速通信プランも他社と比較すると割安です。

・1GBプラン→データ専用590円、音声1250円
・2GBプラン→データ専用690円、音声1300円
・3GBプラン→データ専用840円、音声1400円
・5GBプラン→データ専用1200円、音声1800円
・7GBプラン→データ専用1850円、音声2400円

■神プランは安いが速度に不安あり
神プランは非常に安く、経済的負担を大幅に抑えることができますが、
速度にやや不安があります。
通信速度が最大200kbpsなので、他社の低速通信プランと比べると若干遅いです。
そのため、回線速度に不満を感じている方も少なくありません。
ダウンロードをしない方、動画を観ない方、速度を気にしない方向けだといえます。

■ロケモバポイントでさらにお得に
ロケットモバイルを契約すると1ポイントにつき1円のロケモバポイントが貯まります。
このポイントを通信料金の支払いに充てることができるので、
上手くいけば月額料金をゼロ円にすることも。
ただ、貯まりにくいので、ある程度使わないと厳しいでしょう。

■プラン変更はいつでもOK
神プランを契約して、速度の遅さに不満を感じることもあるでしょう。
そうした際はプラン変更を行ってください。
ロケットモバイルのプラン変更はいつでも可能で、翌月から適用されます。
一定の条件はありますが、今すぐプラン変更を選択すると
当月から適用させることも可能です。

楽天モバイル

■楽天モバイルの最安プラン
・データSIM(SMSなし) ベーシックプラン→月額料金525円
・050データSIM(SMSあり) ベーシックプラン→月額料金645円
・通話SIM ベーシックプラン→月額料金1250円

楽天モバイルは、大手と遜色ないサービスを安く利用できる格安SIMです。
おすすめは、ベーシックプランで、データSIM(SMSなし) だと月額525円、
通話SIMでも1250円で利用できます。
ベーシックプランの場合、最大200kbpsなので高速通信はできませんが、
この安さなら十分満足できると思います。
しかし、最近他社の格安プランに押され気味・・・。
月額料金だけを重視するのであれば、楽天モバイルよりも安いところはいくつもあります。

■楽天スーパーポイントで元を取ろう
格安プランを打ち出す業者が増えたため、やや他社に押され気味ではありますが、
楽天モバイルには楽天スーパーポイントが貯まるというメリットがあります。
楽天スーパーポイントは、楽天が提供するサービスや飲食店、コンビニで利用できます。
通信速度、料金面よりもお得感を求める方に向いている格安SIMです。

■かけ放題オプションで通話料金を節約
かけ放題オプションを用意しているのも楽天モバイルの特徴です。
「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」と
「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」の2種類から選べます。
楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイルは、月額2380円で国内通話が
何分・何度でもかけ放題です。
1回の通話が長い方はこちらのかけ放題オプションが向いています。
楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイルは、
月額850円で1回5分以内の国内通話が何度でもかけ放題です。
1回の通話時間は短いが、通話回数が多いという方にいいでしょう。

■月額料金が初月無料
他社でも行っていますが、楽天モバイルでは初月の
月額料金無料キャンペーンを実施しています。
対象となるのはインターネット通信料のみなので、
通話料や事務手数料、オプション料金などは発生します。
それでもインターネット通信料が初月無料というのは嬉しいサービスですよね。

FREETEL SIM

■FREETEL SIMの最安プラン
・使った分だけ安心プラン データ専用
    →月額料金299円から4870円(100MB/月から20GB/月)
・使った分だけ安心プラン 音声通話付
    →月額料金999円から5570円(100MB/月から20GB/月)
・定額プラン データ専用 1GB→月額料金499円(1GB/月)
・定額プラン 音声通話付 1GB→月額料金1199円(1GB/月)

格安プランを提供するMVNOが増えていますが、
その中でもFREETEL SIMは頭一つ抜けています。
使った分だけ安心プラン、定額プランともに業界最安クラスです。
データの繰り越しもあるので、無駄なくデータ容量を使い切ることができます。

使った分だけ安心プランは、
スタート料金がデータ専用で月額299円、音声通話付きで999円。
データ使用量が100MBを超えると使った容量に応じて料金が増えていきますが、
上り幅が小さいのでたくさん使ってもお得感は変わりません。
現実的に100MBで抑えるのは難しいと思うので、
使わない方でも1GBの料金で考えた方がいいでしょう。

定額プラン1GBの場合、データ専用だと月額499円、
音声通話付きだと1199円で利用できます。
こちらのプランも他社と比較すると圧倒的に安いです。
毎月データ使用量が異なる方は使った分だけ安心プラン、
いつも決まったデータ量しか使わない方は定額プランを選ぶといいでしょう。

■カウントフリーが盛りだくさん
FREETEL SIMは、カウントフリーのサービスが充実しています。
データ定額1GBプラン・使った分だけ安心プランの場合、
LINE、ポケモンGO、WeChat、WhatsAppがカウントフリーです。
さらにデータ定額3GB以上になると
この他にTwitter、Facebook、Messenger、Instagramも追加されます。
これなら心置きなく思う存分、SNSが楽しめますよね。

■FREETELでんわで電話がかけ放題に
専用アプリのFREETELでんわを利用することで、電話のかけ放題サービスを受けられます。
かけ放題オプションは、「1分かけ放題」「5分かけ放題」「10分かけ放題」の3つです。
料金は1分かけ放題が月額299円、5分かけ放題が840円、
10分かけ放題が1499円となっています。

ぷららモバイルLTE

■ぷららモバイルLTEの最安プラン
・二段階定額→月額料金269円から2362円

大手プロバイダで有名な「ぷらら」の格安SIMです。
最安値のプランは月のデータ使用量が30.5MBまでなら月額362円の二段階定額になります。
ただし、データ使用量が30.5MBを超えた場合、
一気に高くなり、月額2000円以上もアップします。
30.5MBを超えるとお得感がなくなるので、Wi-Fiを利用して、
なんとか範囲内で収めたいところです。

■通信量が気になるなら定額無制限がおすすめ
月額料金は二段階定額よりも高くなりますが、
通信料が気になる方は定額無制限を選ぶといいでしょう。
月額2760円で、制限なしのデータ通信が使い放題です。
このプランなら好きなだけインターネットが楽しめます。
また、速度も上下最大3MBbpsと悪くないので、調べ物やSNSがメインという方はもちろん、
動画視聴や地図を利用される方でも問題ありません。

■3Mbpsが出にくくなってきた・・・
定額無制限はインターネットの利用が多い方に人気がありますが、
最近速度に不満を感じる方が増えているようです。
利用者が増えたためか、実際には3Mbps以下、中には数十kbpsしか出ないとい方もいます。
そのため、速度に過度な期待はしない方がいいでしょう。
ただ、それでもやはり使い放題というのは非常に魅力的なので、
十分利用する価値はあると思います。

■動画配信サービスを追加料金なしで利用可能
dTVやHulu、Amazonプライム・ビデオといった有料動画サイトを
利用されている方もいると思います。
ぷららモバイルLTEと契約すると動画配信サービスの「ひかりTVエントリープラン」
が無料で使用できるようになります。
本来、月額324円かかるサービスなので、年間で計算すると3000円以上もお得です。
配信動画は約2500本、これがすべて見放題になります。
そのため、ぷららモバイルLTEには料金以上の価値があるといえます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「格安SIMの選び方」の他の記事へのリンク:

| とにかく安くスマホを使いたい!業界最安値の格安SIMはこれ!| SIMの種類(プラン)で選ぶ料金の安さで選ぶデータ量で選ぶ通信速度で選ぶ評判・口コミで選ぶ

メニュー

ページの先頭へ戻る