格安SIMの選び方

  • TOP
  • 格安SIMの選び方
  • SIMの種類(プラン)で選ぶ

SIMの種類(プラン)で選ぶ

格安SIMを選ぶ場合、まず利用したいSIMの種類(プラン)を決めてください。
SIMの種類は以下の2つに大きく分けられます。

■データ通信専用SIMのメリット・デメリット
データ通信専用SIMとは、インターネットのみが利用できるSIMのことです。
通話機能が付帯されておらず、090や080から始まる電話番号で通話することができません。

・メリット
データ通信専用SIMの最大のメリットは、料金の安さです。
データ通信のみに特化しているため、料金がとても安く、
1000円以内で利用することもできます。
電話はすべてLINEの無料通話といった人なら通話機能がなくても困らないので、
データ通信専用SIMで十分でしょう。

・デメリット
データ通信専用SIMのデメリットは、通話機能が付帯していないため、
090や080から始まる番号で電話をかけることができない点です。
IP電話アプリや無料通話アプリは利用できますが、緊急通報や時報、
フリーダイヤルに発信できません。
電話番号を持てないのでSMSも利用不可です。

■音声通話対応SIMのメリット・デメリット
音声通話対応SIMとは、インターネットと通話の両方ができるSIMのことです。
データ通信専用SIMよりも料金が多少アップしますが、
電話番号が必要な場合はこちらを選択することになります。

・メリット
音声通話対応SIMのメリットは、090や080から始まる番号で電話をかけられることです。
MNPサービスを利用すると今までと同じ電話番号を使用できます。
電話番号を持てるのでSMSも利用可能です。

・デメリット
音声通話対応SIMのデメリットは、データ通信専用SIMと比較すると割高になることです。
とはいっても数百円~1000円程度のアップなので、それほど心配する必要はないでしょう。
ただ、キャリアよりも通話料金が高く、かけ放題プランも利用できないので、
電話をよく利用する人が乗り換えると損をする危険があります。

■端末付きのSIMもある
データ通信専用SIMや音声通話対応SIMの他に端末がセットとなったSIMもあります。
通常、格安SIMを利用する場合、対応の端末を用意する必要がありますが、
端末付きのSIMであればセットになっているので、その必要がありません。
端末付きのSIMはわざわざ対応端末を探すのが面倒な人に人気です。
しかし、選べる機種が少ない、単品で購入するよりも端末代が高い
といったデメリットがあるので注意しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

「格安SIMの選び方」の他の記事へのリンク:

とにかく安くスマホを使いたい!業界最安値の格安SIMはこれ!| SIMの種類(プラン)で選ぶ| 料金の安さで選ぶデータ量で選ぶ通信速度で選ぶ評判・口コミで選ぶ

メニュー

ページの先頭へ戻る